• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 中央動物専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 入江 茉莉乃さん(動物看護研究科/動物看護師)

動物の鼻や歯の状態をチェックして体調を確認します

先輩の仕事紹介

飼主様からの感謝の言葉が働く原動力!動物看護主任として後輩の指導にも熱が入ります

動物看護師
動物看護研究科/2015年卒
入江 茉莉乃さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ドルフィンアニマルホスピタルは、一般診療のみならず、整形外科や腫瘍科、予防医療、リハビリにも力を入れている犬猫専門の動物病院です。毎日100人ほどの患者様が来院される当院では、効率よく対応するために動物看護師の判断力が問われます。受付業務や保定・検査はもちろん、掃除・洗濯などの作業も同時に行うので大変こともありますが、そんな中で飼い主様やスタッフからの「助かった」や「ありがとう」の言葉以上に嬉しいものはありません。また、飼主様が獣医師に質問しにくいことも多いと思うのですが、だからこそ動物看護師に聞いてほしいと考えているので、飼主様に自らお声がけをして会話をすることをとても大切にしています。

学校で学んだこと・学生時代

授業では、臨床現場で求められる動きや小さなミスが命に係わることを学びました。先生からの厳しい指導もありましたが、実際に現場に立つと改めてその大切さを実感。今でも教えていただいた先生の顔が頭をよぎることがあります。臨床現場のことだけでなく、挨拶や接客マナーなど社会人としての常識も身につけることができました。授業で学んだことは、後輩達を指導する時にも役立てています。また、学校ではトリミングの実習があり、その技術を役立てたいと考えて就職後に「動物看護師のシャンプーコース」を企画。飼主様から「動物看護師さんだから安心できる」という嬉しいお声をいただきました。

獣医師とのコミュニケーションも大切です

分野選びの視点・アドバイス

私は、もくもくと一人で集中してできる作業も好きだったことから、就職について検査センターと動物病院の2択で迷っていた時期がありました。しかし、担任の先生に人と接する職業が得意で合っているのではないかと背中を押してもらい、今の動物病院への就職を決めました。実際に人と話すことが性に合っていて、今の病院に就職して本当によかったなと感じています。自分が好きなことよりも、得意なことを選ぶことで周囲の人に与えられるものは大きいのではないかと考えています。高校生の皆さんも、自分が好きなことだけではなく、得意なことを把握しておくことで、今後の分野選びにも役立つのではないでしょうか。

検査機器の使い方なども学生時代にしっかり学びました

入江 茉莉乃さん

ドルフィンアニマルホスピタル 勤務/動物看護研究科/2015年卒/幼少の頃から家で猫を7匹飼っており、猫に囲まれる生活をしていたという入江さん。飼っている猫が病気になり動物病院へ行ったときに、動物看護師という職業があることを知ったそう。幼稚園の先生になろうかと迷っていた時期もあったが、その同時期に飼っている猫がリンパ腫になり、「救いたい」という思いから動物看護師への道を志す。中央動物専門学校を選んだ理由は、高校の説明会に来ていた同校の先生が気さくで優しかったことが印象に残っていたため。卒業後、2015年にドルフィンアニマルホスピタルに就職し、現在では動物看護主任として日々の業務や後輩の指導に励んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

中央動物専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT