• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 新大阪歯科衛生士専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 森崎 聡子さん(歯科衛生士学科 夜間部/歯科衛生士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

シンオオサカシカエイセイシセンモンガッコウ

歯科衛生士は、女性の自立も応援してくれる仕事です

先輩の仕事紹介

女性が活躍でき、早く一人前になれる!働き方も選べる、理想的な仕事です

歯科衛生士
歯科衛生士学科(夜間部)/2008年卒
森崎 聡子さん

この仕事の魅力・やりがい

歯科衛生士の仕事の魅力はたくさんありますが、一番は人を相手にしているということ。私のケアや指導によって、患者さまの口腔内が改善していったり、歯に興味のなかった患者さまの意識が変わっていったりします。私の言ったことがきっかけで、患者さまの口腔内が少しでも良くなってくれるのは、やはりうれしいですね。歯科衛生士との会話は、しっかり聞けばすごく良い情報になると思いますが、興味のない方も多く、聞いていただくためには、こちらの伝え方も大切です。興味のある方にはしっかりと、そうでない方にはポイントを絞ってお伝えする。少しでも話を聞いていただけるよう、その人その人に合わせた会話を心掛けています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校卒業後は専門学校で介護福祉士の資格を取り、老人ホームに勤務していました。ただ、介護の仕事は体力的にも厳しい面があり、一生続けられる自信がなくて。そこで思い切って別の資格を取ろうと考えました。歯科衛生士を選んだのは、自分自身、ステップアップしたいという思いがあったから。介護福祉士は、学校を卒業すれば取得できたので、試験を受け、自分の力で資格を取ったという自信が欲しかったんです。また将来を考えても、歯科衛生士は求人数も多い仕事。他の資格に比べ、経験を積める場所もたくさんあり、第一線に出るのもそんなに時間はかかりません。20代半ばからスタートしても、早く一人前になれると思ったんです。

母親として、娘の歯を守れるのも仕事の魅力です

これからかなえたい夢・目標

家庭を持ちながらですが、その時期の生活に合わせた働き方をして、一生続けていきたいと思っています。歯科衛生士は他の職種に比べ、自分の条件にあった職場を選びやすいところもメリットです。子供が小さいうちは、パートタイムで時間を限定して働くことができるし、手を離れればフルタイムでしっかり働くこともできます。それに女性の自立という面でも、活躍できる場所はたくさんあります。取って損はない資格ですね。将来、もし娘にやりたいことがなかったら、絶対に歯科衛生士を勧めたいと思っています。また今は、訪問歯科も増えていますので、介護福祉士としての経験も、仕事に生かしていきたいと思っています。

患者さまの口腔内が改善していくのはうれしいですね

森崎 聡子さん

株式会社ジーシー勤務/歯科衛生士学科(夜間部)/2008年卒/大阪府立港南造形高校を卒業後、福祉の道へ進むため、専門学校に入学。卒業後は老人ホームに勤務したが、入職5年目の頃に、一生続けていけるかどうか疑問を感じ転職を決意。歯科衛生士の国家資格取得を目標に、新大阪歯科衛生士専門学校の夜間部に入学する。在学中は、歯科助手のアルバイトをしながら、同じ目標を持つ主婦や社会人の仲間と勉強に励み、見事資格を取得。歯科衛生士として新たにスタートを切る。最初の職場は出産を機に退職するが、お子さんの成長にあわせて復帰。現在は、4歳になるお子さんの子育てをしながら、仕事に励んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新大阪歯科衛生士専門学校(専修学校/大阪)