• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 新大阪歯科衛生士専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 細谷 彩子先生(歯科衛生士)

こんな先生・教授から学べます

歯周病予防から、歯科衛生士の可能性を広げる先生

歯科衛生士
歯科衛生士学科 昼間部
細谷 彩子先生
先生の取組み内容

「歯周疾患予防」の実習を担当しています。この教科は、歯科予防処置の中でも歯や口腔の疾患を予防するための処置の仕方を学ぶ分野です。正常な歯や歯肉に付いた汚れをクリーニングできれいにして歯周病を予防します。歯科衛生士は、自分の手で患者さんを良くすることができ、その改善が目で見て分かります。歯科予防において重要な役割を担うポジションだということは、技術とともにしっかり伝えるようにしています。現在私自身は、日本咀嚼学会に入っていて、ものを良く噛んで食べることの重要性など、咀嚼に関しての勉強を行っています。来年度は認定歯科衛生士の資格も取得する予定。専門性が高まる一方で、法改正などで仕事の幅もどんどん広がる歯科衛生士。卒業後、いろんな道で活躍ができるよう、さまざまな可能性を考えた指導も心掛けています。

予防に関してはより重要な役割を担う歯科衛生士。学生にはさまざまな道があることも伝えています。

授業・ゼミの雰囲気

学生として、また指導者として臨床実習にかかわった経験を生かし、現場での注意を後輩たちに細かく指導

授業の最初は、口の中の組織や使用する器具の名称などの基本から学び、一連の流れを習得します。そのなかで細谷先生が意識しているのは、「なぜ」と考える力です。「単にやり方だけを覚えてしまっては、危険な行為をしてしまうこともあります。学生には、なぜこの方法をとるのか、なぜこの器具を使うのかといった理由も一緒に伝えるようにしています」。また、細谷先生自身が同校の先輩でもあり、臨床実習先で学生を指導した経験もあるため、学生が陥りがちな失敗を踏まえ、実習で注意する点なども細かく指導してくれます。

学生がぶつかる壁は、自身の経験からわかるという細谷先生。自身の経験をもとに、学生たちを励ますことも。

キミへのメッセージ

チーム医療の重要な一員となる、スペシャリストの自覚を持って!

歯科衛生士は「単なる歯医者のお姉さん」ではなく、健康をサポートできるスペシャリストです。チーム医療の重要な一員としてやりがいのある仕事ですので、ぜひ私たちと一緒にお口のプロを目指しましょう!

「現在、卒業生の教員は私だけ。学生にとって、より親しみやすい存在でありたいですね」と語る細谷先生。

細谷 彩子先生

専門:歯科予防処置/歯科衛生士
新大阪歯科衛生士専門学校(夜間部)を卒業後、インターンスカラシップ制度で学生時代からアルバイトをしていた歯科医院に就職。同医院が母校の臨床実習先でもあったため、歯科衛生士として働きながら、学生の指導などにも携わる。2015年に学生時代から興味があった教員の道へ。臨床での経験と同校の先輩という経歴を生かしながら、後進の指導に当たっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

新大阪歯科衛生士専門学校(専修学校/大阪)