• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 徳島
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 久本 直人さん(作業療法学科/作業療法士)

患者様ができることが増える度に私も嬉しくなります

先輩の仕事紹介

自分の楽しい・嬉しい経験を活かせるのが“作業療法士”という仕事

作業療法士
作業療法学科 卒/2019年卒
久本 直人さん

この仕事の魅力・やりがい

急性期から回復期、退院後と幅広い病期の患者様に対応しています。その中で機能面のアプローチや自宅・病棟での生活に関連した訓練・指導をおこなっています。作業療法士の仕事は、状態の移りゆく患者様に対してリスク面の管理を徹底する必要があります。食事量や睡眠時間など基本的なことからお尋ねしその日の健康状態に合わせたリハビリを提案する、決して気を抜けない仕事です。大変なこともありますが、退院する患者様が「入院時にはできなかったことが、今はできているよ」と報告してくださった時は、この仕事を選んでよかったと心から思いました。今後は様々な患者様への介入を通して多様な観点から患者様をケアできるようになりたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校2年生の頃、知人が病気で入院をした際にリハビリをしている様子を見学しました。私はリハビリをした経験がないので分からないですが、本人にとってリハビリは、きっと周りが思う以上に辛く大変なことが多いと思います。その中で、常に患者様の傍に寄り添い励ましの言葉をかけながらサポートする作業療法士さんの姿がたくましくかっこよく見えて、とても魅力的に感じました。私もいつか人々の生活を支え、人の役に立てる仕事に就きたいと思いこの道に進みました。目の前にいる患者様が何を求め、何をしたいと望んでいるのか推察し、患者様の喜びや不安、痛みや苦しみを想像してその気持ちに寄り添えるように日頃から意識しています。

的確なアドバイスをくださる先輩方は頼もしい存在です

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は実行委員会に所属し、学校行事の運営に携わりました。文化祭では、ブース長として学内だけでなく学外の方とも連絡を取りながら準備を進めていき、地域の方も一緒に楽しめる文化祭を開催することができました。この経験を経て、たくさんの方の中心として調整を図ったり情報共有をすることの大変さ、コミュニケーションの重要性を学びました。現在の職場でも、情報共有は実務的な部分はもちろんのこと職場の方との信頼関係を構築するためには必要不可欠。コミュニケーションにおいては、特に患者様を応対する際は高いスキルが求められます。学生時代に身につけたこれらの経験は、作業療法士として働くにあたり大きな強みとなっています。

患者様の回復度を把握する「STEF」という器具です

久本 直人さん

田岡病院 リハビリテーション科勤務/作業療法学科 卒/2019年卒/在学時の経験が現在の仕事に活かされていると語る久本さん。「学生時代は、学業も遊びも全力でしてほしいですね。学業はもちろんですが、友人と遊んだりいろんな行事に積極的に参加することが大切です。それは、作業療法士は、遊びの中からもリハビリに発展できることが多い仕事だから。私もかつてひとりの患者様のリハビリに悩んだことがあったのですが、好きなゲームやスポーツをリハビリに活かして患者様の自発性を向上できた経験がありました。様々な経験をして人間力を高めることが夢に近づく第一歩です」。たくさんの引き出しをもつ久本さんが高校生にエールを送ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)