• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 徳島
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 龍田 瑞希さん(理学療法学科/理学療法士)

患者様がリラックスできるような会話を心がけています

先輩の仕事紹介

いつも心の中心にあるのは、“患者様を笑顔にしたい”というキモチ

理学療法士
理学療法学科 卒/2019年卒
龍田 瑞希さん

この仕事の魅力・やりがい

運動療法や物理療法を用いたリハビリを担当しています。林病院は理学療法士になって初めての職場で、就職当初は「こんな時はどうすればいいのだろう?」と悩んで自信がなくなることも。でも、自分が受け持った患者様が元気になって退院が決まった時に、「あなたのおかげで元気になれました。ありがとう」と温かい言葉をかけてもらい、今までの頑張りが報われた気がして前向きになることができました。この仕事の1番の魅力は『患者様の笑顔が見られること』です。その笑顔をいつも間近で感じられるようにもっともっと技術を高めていきたいです。月に一度は勉強会にも参加しているので、集中してスキルアップできるように頑張ります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

理学療法士の仕事に興味を持つようになったのは高校2年生の頃。祖母がリハビリをはじめたことがきっかけで、私も度々祖母に付き添って病院を訪れていました。リハビリを開始したばかりの祖母は、口数も少なくて心細そうな様子だったのですが、理学療法士の方の懸命なサポートのおかげで、体調も回復し祖母の顔にも笑顔がもどっていったんです。自分がしたことで元気のなかった方が元気を取りもどし、笑顔になってくれる。さらにそれをとても近い距離で感じることができる理学療法士の仕事ってなんてすばらしいんだと感銘を受けました。理学療法士は笑顔を生む仕事。これからも自分の仕事に誇りを持って真摯に取り組んでいこうと思います。

器具を使ったリハビリでは患者様の容態に合わせて設定

学校で学んだこと・学生時代

国家試験の合格実績や就職状況がよかったことが、徳島医療福祉専門学校に進学を決めた1番の理由です。勉強は正直難しかったですが、先生方がどんな学生にも分かるように丁寧に説明してくださるので、分からないことがずっと続くというようなことはありませんでした。これが国家試験と就職に強いひとつの理由だと実感できましたね。学生生活を送る上では、目上の方に対する礼儀作法も身につけることができました。そういった授業も用意されていますし、何より先輩の生活態度を見ていると自然と身につくんです。まさに伝統ですね。現在の職場でも患者様はもちろん職場の方々と良好な人間関係を築くために活かされています。

気軽に話せる職場の雰囲気に惹かれて当院に就職

龍田 瑞希さん

林病院 リハビリテーション科勤務/理学療法学科 卒/2019年卒/学生時代に特に注力したことは、コミュニケーションスキルを高めることだという龍田さん。「徳島医療福祉専門学校は、実習機会が多く設けられていたので、たくさんの患者様と接することができました。何かしらの不安を抱えている患者様だからこそ、その方の表情や発する言葉に耳を傾け心に寄り添ってあげる。その上で何気ない会話からコミュニケーションをとっていき信頼関係を築くことを意識していました。就職後も変わらずおこなっていることです」。患者様のことを第一に考え、日々全力で取り組む龍田さん。今後の活躍に期待したい。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)