• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 徳島
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 平井 早恵さん(作業療法学科/作業療法士)

「明るく元気に笑顔でいること」を心がけています

先輩の仕事紹介

「対象者が叶えたい本当の目的とは?」多彩なアプローチで意味のある作業を提供します

作業療法士
作業療法学科 卒/2020年卒
平井 早恵さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

一人ひとりと向き合ってそれぞれの特徴を理解し、信頼関係を築きながら「意味のある作業」を提供できるのがこの仕事の魅力です。日常生活に困らないことはもちろん、動作に目的や喜びを見出せること、作業を通して対象者が叶えたい目的を知ることが大切です。例えば同じ料理をするにも、「料理が上手になりたい」人と「お母さんを喜ばせたい」人とでは、料理をする意味が違ってきますよね。また、長期入院で退院への意欲や希望を失いかけていた対象者と一緒に「意味のある作業」を探し、話し合いました。結果「退院したらもっとこんなことがしたい」と対象者の願望が見えてきたときには、この仕事を選んでよかったと心から思いました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どものころから人と関わることが好きで、漠然とですが「誰かの役に立つ仕事がしたい」と考えていました。保育士や教師を目指した時期もありましたが、認知症となって苦しむ祖母や、その家族の姿を見て、精神疾患を抱えた方をサポートできる仕事について調べ、作業療法士という仕事に出会いました。いくつかの専門分野があるなかで精神分野を選んだのは、祖母や現在向き合っている対象者のように、目には見えない「こころ」の部分に焦点を当ててアプローチしたいと思ったからです。実際の現場では、なかなかすぐに変化があるわけではないのですが、対象者のちょっとした言動の変化を見ることができると、私もとても嬉しい気持ちになります。

対象者の作成した作品がホスピタルのいたるところに

分野選びの視点・アドバイス

学ぶ環境や働く姿を具体的にイメージできるかも分野選びのポイント。徳島医療福祉専門学校は先生と生徒の垣根がなく、学生がいきいきと学べる環境が魅力でした。杜のホスピタルは美術館をイメージした造りで専用コンサートホールもあります。コンサートには対象者やそのご家族だけでなく、地域のみなさまにも聴きにきていただくことができるので、楽しみにされる方も多く「風通しの良い開かれた精神科病院」です。また、刺激が必要な方の病棟は階段の色を赤にして華やかな絵を飾り、落ちついて過ごすことが必要な方の病棟は階段の色も青くするなど、対象者に一番適した環境を用意。そのなかで私たち作業療法士も自由な発想を大切に働いています。

スタッフの自主性を重んじてもらえる職場環境です

平井 早恵さん

杜のホスピタル 勤務/作業療法学科 卒/2020年卒/徳島医療福祉専門学校では作業療法士の知識に加え、学校行事や実習などを通して先輩や先生との交流からコミュニケーション能力や社会性を学んだという平井さん。実習では、経験や知識の不足を感じることも多々あったそうですが、自分がどのような問題で立ち止まるのか、どうやって解決することができるのかなど、自分自身について知れたとのこと。作業療法士として働くうえでも「自分の特徴を理解しておくことが大事」だそう。何にでもチャレンジさせてくれる環境のなかで、料理や編み物などにも挑戦中!「作業療法士は自分自身も成長できる魅力的な仕事です」と、笑顔で話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)
RECRUIT