• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 徳島
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 祖父江 翔斗さん(理学療法学科/理学療法士)

患者様が話しやすいよう、自ら積極的に声をかけます

先輩の仕事紹介

大事なのは患者様とのコミュニケーション。信頼関係を構築して最適なリハビリを提供

理学療法士
理学療法学科 卒/2020年 卒
祖父江 翔斗さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在は徳島市にある伊月病院で、入院患者様が持っている能力を最大限発揮できるようにするためのリハビリを提供しています。理学療法士は、医療職の中でも患者様と接する時間がとても長いため、コミュニケーション能力が必要になります。コミュニケーションにより信頼関係を築くことができた患者様方が、日々のリハビリによって歩行が可能になり、退院時に「ありがとう」と声をかけていただいた時が一番うれしく、とてもやりがいを感じます。理学療法士としての技術や知識はもちろんですが、患者様の状態を正しく、詳しく把握するためにもコミュニケーション能力がとても大切だと感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の時に「野球肘(ボールの投げ過ぎなどによって肘にかかる負荷が大きくなり、痛みが発生すること)」で悩んでいたため整形外科を受診し、そこで理学療法士という存在を初めて知りました。その後、高校時代に母から「理学療法士をめざしてみては?」と勧められ、将来の仕事として意識するように。なるべく早く就職したいという気持ちがあったので、進学先を選ぶ時には「3年間で卒業できること」「先生方が熱心で、良い環境で勉強に取り組めること」「クラスのメンバーと同じ目標に向かって頑張れること」などをパンフレットやホームページ、実際に学ばれている先輩に確認して、徳島医療福祉専門学校への進学を決めました。

母校の同級生と一緒に刺激し合いながら頑張っています

学校で学んだこと・学生時代

先生方が実技練習などでとても熱心に教えてくださり、体験談も踏まえながら、「こういう時にはこうしたら良いよ」と、分かりやすく丁寧に説明いただいたことが、実際の臨床の場でもとても役に立っています。放課後には自主練習をしていたのですが、授業の合間を見つけて個別に指導してくださいました。また、授業はもちろん、それ以外の場面でもみんなの前で話す機会が用意されていて、始めは緊張してうまく話せなかったのですが、3年間で少しずつ緊張もほぐれ、堂々と話せるようになりました。こうした環境を普段から作っていただいたおかげで、今、臨床の現場に出ても、コミュニケーションで困ることはほとんどありません。

臨床の場で一番大切な礼儀や挨拶も学び成長できました

祖父江 翔斗さん

医療法人いちえ会 伊月病院 勤務/理学療法学科 卒/2020年 卒/理学療法士のおすすめポイントについて、「資格が必要な職業のため、その分野の専門職としての自覚を持つことができ、向上心を持って勉強を続けることで患者様に対してできることが増え、結果的に患者様から感謝される場面が増える。頑張れば頑張るだけ結果として返ってくるところです」と語ってくれた祖父江さん。今後の目標は、「働きだしてまだ間もないですが、少しずつ自分の興味のある分野を探して、先輩や友達も頼りにしながら、患者様に対して提供できることの幅も増やし、この分野なら負けないと自信を持てるように日々精進していきたい」とのことでした。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)
RECRUIT