• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 村上 和広先生(理学療法士)

徳島県認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/徳島

トクシマイリョウフクシセンモンガッコウ

理学療法を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

身につくのは、理学療法の専門的な知識・技術、そして人を思いやれる心

知識や技術・技能の修得を図るとともに、コミュニケーション能力や協調性などを培うなか、基本的な理学療法については独立して実施できることが到達目標!村上 和広先生と学生さんにお話をお聞きしました。

理学療法士
理学療法学科
村上 和広先生
  • 専門科目:理学療法評価学、病態運動学 等
  • 略歴:徳島医療福祉専門学校を卒業後、地元の医療法人で数年の勤務を経て、母校である徳島医療福祉専門学校理学療法学科の教員となる。
理学療法士は医療施設や福祉施設など、様々な機関で活躍!

実際の現場をイメージできる授業展開!患者様を回復に導くための力が身につく

実技の練習は、理解するまで丁寧に指導しています

授業以外の時間も学生とコミュニケーションをとります

医師の指示のもとに医療行為を行いますが、実際には自ら情報を収集し治療法を選択することが多く、豊富な知識と判断力が求められます。患者様の状態を正確に見極めるには、評価をし、分析をし、適切なプログラムを立案、実施するために知識や技術の修得が必要です。視覚教材の利用や、一つひとつの事柄に例を挙げながら説明するなど、学生がイメージしやすいような工夫を行っています。

患者様の些細な変化にも気づける理学療法士をめざしています

稲田 拓真さん 研究テーマは『歩行速度と下肢伸展筋力の関係』

実際の現場を想定した指導をしていただきます

本校は、学生みんながあいさつはもちろん、礼儀やマナーを心がけています。だから自然と目上の人に対する言葉遣いや立ち居振る舞いが身につき、自信になっています。理学療法士は、患者様だけでなく様々な医療分野の方と関わることも多い職業。誰に対しても失礼のない対応ができるようにしたいです。そのうえで、患者様の些細な変化にも気づき、求めていることに対してしっかり応えることのできる理学療法士をめざしています。

チーム医療の一員として、多職種の方と円滑な連携がとれる理学療法士に

北原 瑠乃さん 研究テーマは『姿勢と呼吸の関係』

気軽に相談できる村上先生のアドバイスにいつも助けられています

国家試験合格という同じ目標に向けて、勉強で分からないところは友人同士で教え合ったり、先輩から実習での経験談やテストの出題傾向を聞いたりなど、先輩後輩の垣根なくお互いを高め合える環境です。チーム医療といわれている今、そういったチームワークは理学療法士として働くうえでとても重要。この経験を活かしチーム医療の一員として、多職種の方とのコミュニケーションや連携がとれる理学療法士になりたいです。

高校生へのメッセージ

勉強はもちろんですが、生活するうえで時間を有効に使い、責任を伴う人との交流を通してメリハリある高校生活を送ってほしいと思います。まず、理学療法士になりたい!という『意志』をしっかり持ってください。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)