• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 花棚 雅子先生(作業療法士)

徳島県認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/徳島

トクシマイリョウフクシセンモンガッコウ

作業療法を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

コミュニケーション力も重視して、作業療法の専門知識・技術を身につける

作業療法はひとの身体やこころの仕組みを学ぶことからスタートします。相手の立場に立った柔軟な考え方のもと対象者を支援する作業療法士について花棚 雅子先生と学生さんにお話をお聞きしました。

作業療法士
作業療法学科
花棚 雅子先生
  • 専門科目:身体機能治療学II、総合作業療法学 等
  • 略歴:徳島医療福祉専門学校を卒業後、徳島県内の病院で作業療法士として約8年の勤務を経て、母校である徳島医療福祉専門学校作業療法学科の教員となる。
作業療法士は病院、訪問リハ、介護施設などで活躍!

難しい内容ほど時間をかけて丁寧に。知識・技術やコミュニケーション力も磨く

臨床を意識した授業で、現場ですぐに活かせるよう指導します

いつでも気軽に話せる環境をつくることも大切です

作業療法士が支援することは、対象者がその人らしい生活を送れるよう日常生活の動作や社会復帰、就労・就学、生きがいづくりなど多岐にわたります。そのため知識や技術はもとより、対象者の思いを汲み取るコミュニケーション力も必要になります。また専門的なことを学ぶ中で、疾患の勉強や様々な検査方法の修得などは私が学生時代に苦手意識があった内容。理解しにくい部分ほど授業に時間をかけ、しっかり基礎から指導します。

患者様と信頼関係を築き、その人らしい生活が送れるようなアプローチをしたい

上杉 優香さん 研究テーマ:脳卒中患者に対する自助具の適応

個人的な相談にも乗ってくれる花棚先生にいつも助けられています

実習は緊張と失敗の連続で落ち込んでしまうこともありました。そんな時に患者様がやさしく「無理をせず、あなたらしく頑張ったらいいよ」と声をかけてくださったんです。本来は患者様をサポートする立場の私が逆に励まされ、そのおかげで最後まで乗り越えることができました。この経験は絶対に忘れず、患者様に対して常に感謝の心を持った作業療法士として、その人その人にあったアプローチをしていきたいです。

常に患者様のことを最優先に考えられる作業療法士をめざしています!

島田 涼介さん 研究テーマ:脊髄損傷患者の環境調整

花棚先生は、理解できるまで何度も丁寧に教えてくださいます

学園祭で実行委員長を務めたことで、ひとつのことをやり遂げる難しさや人をまとめる大変さを知りました。苦労したこともたくさんありましたが、普段の授業だけでは得ることのできない喜びや達成感はもちろん、どうすれば全員が楽しめるのかなど、人のことを考えられる力が身につきました。将来はこの経験を活かして、患者様のために何ができるのかを最優先に考え、より良い生活をサポートできる作業療法士になりたいです。

高校生へのメッセージ

作業療法士は知識だけでなく自身の経験も活かせる職種です。部活や趣味などいろいろなことに挑戦し、多くの人と関わる機会を持ってください。そして何より「絶対に作業療法士になる!」という強い気持ちが大切です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路