• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 徳島
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 向島 充先生(理学療法士)

理学療法を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

理学療法の知識・技術、リハビリへの意欲を引き出す力が身につく

理学療法士は対象者の運動能力回復のサポートだけでなく、悩みや不安を感じる対象者の心に寄り添う役割も担います。多彩な臨床の場で活躍する理学療法士について、向島 充先生と学生さんにインタビューしました。

理学療法士
理学療法学科
向島 充先生
  • 専門科目:運動療法学
  • 略歴:介護老人保健施設サンケア、中村整形外科で数年臨床に携わり、母校の徳島医療福祉専門学校理学療法学科の教員となる。徳島県理学療法士会の理事・総務部部長も兼任。
理学療法士は、医療施設や介護保険施設など多彩な機関で活躍!

自主性を引き出す授業展開。現場で必要なコミュニケーションスキルの向上

ときにはユニークな話を盛り込み、リラックスできる場面に

実際に学生がモデルになり体験することで、より理解が深まります

人体の構造や機能をはじめ、病気や障害についての基礎医学分野を学習。そしてそれらに対する理学療法の各種評価・施術方法を学びます。授業ではディスカッションやグループワークを取り入れ、学生の自主性や積極性を引き出すよう工夫。さらに本校では担任・副担任制を採用し学生とのコミュニケーションを密にとれる環境をつくることで強い信頼関係が生まれます。その姿勢が学生にも浸透し実際の医療現場でも活かされています。

学生や先生と距離の近い学校。将来はだれからも信頼される理学療法士に

大向 遼太郎さん 研究テーマは歩行時の股関節/骨盤運動と筋活動

分からないところは、その場ですぐに教えていただけます

実習に参加して学んだことは、知識や技術の“正確さ”。その人に合うリハビリをするためには、まず前段階である問診と評価が非常に重要だと痛感しました。さらに対象者の身体だけではなく現在の心理状態を把握することも大切。本校は学生同士はもちろん先生や先輩との距離が近い学校なので、自然と協調性やコミュニケーションスキルを磨くことができます。将来は頼られ、信頼される理学療法士をめざします。

社会人としての基本を身につけ、あたたかみのある理学療法士をめざしています

布川 聖衣さん 研究テーマはセラピストと介護職間でのケア連携

勉強以外でも、いろんなことを教われる頼もしい先生です

本校は、社会人としての基本となるあいさつと礼儀を心がけており、先輩の立ち居振る舞いを見て学生全員が自然と身につけています。対象者の中には病気やケガなど様々な形で障害を抱え、精神面の回復が追いつかないといったこともあります。だからこそ、理学療法士は精神面でのフォローがとても重要な仕事。知識や技術はもちろんですが、人を思いやる心や寄り添う心を持ち合わせた、あたたかみのある理学療法士になりたいです。

高校生へのメッセージ

理学療法士の仕事は色々な苦労がありますが、担当した対象者が何かをできるようになったときの笑顔や感謝の言葉は何よりも嬉しく、自分自身も救われた気持ちになります。大変な分、やりがいも大きいですよ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)