• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 徳島
  • 徳島医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 菅村 拓也先生(作業療法士)

作業療法を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

専門知識や技術に加え、多彩な実習でコミュニケーション能力が身につく

近年は地域活動への参加も盛んだという作業療法士。専門知識やスキルを習得し、対象者一人ひとりにとって大切な「生きがい作り」をサポートできる作業療法士について、菅村 拓也先生と学生さんにお話を聞きました。

作業療法士
作業療法学科
菅村 拓也先生
  • 専門科目:身体機能治療学
  • 地元徳島の回復期リハビリテーション病棟などを持つ病院での5年半の勤務経験を経て、母校の徳島医療福祉専門学校作業療法学科の教員となる。
卒業生は、身体・精神障がい分野または、小児発達分野などで活躍

解剖学、生理学、運動学を基礎に疾患を理解し作業療法をどう展開するかを学ぶ

実技や実習を通して対話力や社会人スキルも身につけていきます

人体の構造や疾病の成り立ちなどの専門基礎分野について学びます

作業療法の良いところは、自分の生活で得たことを実際のリハビリに還元できるところです。できることが限られているため気分もふさぎがちな対象者に寄り添い、社会とのつながりや、「今の自分でもできることがある」と気づいてもらうことで、生きがいを感じてもらえるよう導きます。対象者の生活がより良い方向に変わるようサポートできると同時に、人生の大先輩でもある対象者から学ぶことも多い、とてもやりがいのある仕事です。

一人ひとりに合わせた対話や施術で、精神障がい分野で信頼される作業療法士に

渡部 愛美さん 研究テーマは脊髄損傷患者の障害受容過程について

菅村先生は1年生でも理解できる言葉でアドバイスをしてくれます

対象者に負担をかけず聞き取りや検査をする作業療法士の方を実習で見て、めざす姿がイメージできました。望むコミュニケーション方法は人それぞれ。距離感が近い方が良い人・見守る方が良い人、明るく話しかけたり、落ち着いて聞いたり…。「この人は自分を理解してくれている」と対象者に感じてもらうことが信頼関係に繋がります。「あなたでよかった」と言ってもらえるよう、技術はもちろん心に寄り添う力も磨いていきたいです。

心に障がいを抱える方のより早い社会復帰を作業療法を通してサポートしたい!

大島 拓真さん 研究テーマは手指の巧緻性が更衣動作に及ぼす影響

授業は実技や体験が多く、実際に手で触れながら学んでいきます

印象に残っている授業は車いすでのバスケットボール体験。シュートは想像以上に力が必要でドリブルも困難。実際に体験することで障がいを持つ方の気持ちも疑似体験できました。実習は興味のある精神科の病院へ。難しい分野だと思いますが、対象者に色々なアプローチを行える作業療法の強みを活かせるのではと思いました。本校で学んでいる知識や技術をふまえて、自分で工夫しながら対象者と向き合える作業療法士をめざしています。

高校生へのメッセージ

作業療法士が対象とする分野や年齢層は多岐にわたり、各分野において、就学・就労、生きがい作り等、その方らしい生活を支援できるところにやりがいがあります。感謝の言葉や笑顔に、勇気や元気をもらえる仕事です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

徳島医療福祉専門学校(専修学校/徳島)
RECRUIT