• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 吉田学園動物看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 杏南さん(動物看護学科/動物看護師)

学生時代の学びが、現在の仕事に活かされています

先輩の仕事紹介

どうぶつ達が治療によって元気になる姿を見ると、やりがいを感じます!

動物看護師
動物看護学科 卒/2019年卒
佐藤 杏南さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

動物看護師として、犬や猫の診察の補助や入院のお世話、検査をしてします。私が勤めている動物病院は多くの症例を扱っており、トリミングサロンも併設されています。どんなに疲れていても、やっぱりどうぶつと接していると癒されます。入院していた子が元気になって退院し、飼い主さまに「あの時はありがとう」と言っていただけるのがとても嬉しく、励みになっています。仕事をする上で心掛けていることは、正確かつ迅速に動くこと。治療をしていく中で、違う子の薬や、間違った容量を与えてしまったら、取り返しのつかないことになるかもしれないからです。飼い主さまの気持ちになって寄り添い、少しでも不安な気持ちがなくなればと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

この仕事を目指すようになったのは高校生の頃。家で犬を飼っており、動物病院に連れていく機会がありました。そこで動物看護師の方の働いている姿をみて、「自分もこんな風になりたい」と思ったのがきっかけです。とにかくどうぶつが大好きで、好きなことを仕事にしたい、という強い思いがありました。

どうぶつの保定は、学生時代に何度も練習しました

学校で学んだこと・学生時代

本校は動物看護師とトリマーの両方について学ぶことができます。学生時代は、必要な知識やスキルを身に付けるため、病院での実習をたくさん行いました。そこで実際の病院の仕事や、現場で求められているものを知ることができました。クラスメイトと切磋琢磨しながら、技術を高め合いました。わからない事は先生にきくことが大事!質問するために、友達と先生の取り合いをしていました。今の仕事で、先輩に「これわかる?」と質問されたことが学生時代に学んだ内容で、しっかり答えることができ「よくわかるね!」と褒められたことも。学んできたことが、現在の仕事に活かされていると感じています。

動物看護師として、手術補助から検査まで幅広く担当

佐藤 杏南さん

ノア動物病院 勤務/動物看護学科 卒/2019年卒/高校生の頃に、動物病院で働く動物看護師に憧れてこの道を志す。現在はその夢を叶え、動物看護師として犬や猫の診察の補助・検査などにあたる。吉田学園動物看護専門学校トリマー専攻科でトリマーとしての技術も学んだ佐藤さんは、病院でトリミングも行っており「いずれは1人でカット出来るようになりたい!」と更なる技術の向上を目指す。Yoshidaでの学びが、現在の仕事にしっかり活かされていると語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

吉田学園動物看護専門学校(専修学校/北海道)
RECRUIT