• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東日本医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 跡邊 隆太さん(柔道整復スポーツ科学科/柔道整復師)

先輩の仕事紹介

スポーツ選手を支える縁の下の力持ち。いつかは柔道整復技術を教える側にもなりたい!

柔道整復師
柔道整復スポーツ科学科卒/2013年卒
跡邊 隆太さん

この仕事の魅力・やりがい

現在はプロ野球の「東北楽天ゴールデンイーグルス」2軍でトレーナー活動をしています。活動内容は大まかに言うと、選手の練習前後のケア、怪我をした選手のリハビリテーション、練習中の安全管理、練習のサポートなど多岐にわたります。スポーツ現場での仕事なので、毎日プロ選手の身体の状態を見られることにやりがいを感じます。自分が関わった選手が活躍すれば嬉しいですし、そうでなければもう少し自分にやれることがあったのではないかと反省します。また、怪我後のリハビリテーションを終えて選手が試合に出ている姿を見ると、この仕事をやっていて本当に良かったなと感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代に所属していた野球部でケガをして、接骨院に通院していました。そこで柔道整復師という職業があることを知って、自分のようにケガで苦しんでいる人の手助けをしたいと志すようになりました。

選手一人ひとりに合ったケアを心掛けています

分野選びの視点・アドバイス

最初は、柔道整復師になって自分の院を持ちたいと思っていました。しかし、学校で様々なことを学んでいるうちに段々と考えが変わっていきました。自分が何をやりたいかよく考えることはとても大切です。ですが、まずは何より国家試験に受かることが重要だと思うので、東日本医療専門学校のように、国家試験対策の内容が充実していて例年の合格率が高い学校を選ぶのは1つのポイント。また、先生が学生一人ひとりに寄り添ってしっかりサポートしてくれるかどうかも大事だと思います。

学校では、スポーツ科学を取り入れた施術方法も学びました

跡邊 隆太さん

スポーツトレーナー(東北楽天ゴールデンイーグルス2軍担当)/柔道整復スポーツ科学科卒/2013年卒/「頼りになる先生がたくさんいる点が東日本医療専門学校の魅力だと思います!」と話す跡邊さん。学生時代に国家試験合格に向けて、先生方が親身にご指導してくれたので、とても心強かったそう。これからのビジョンについては、「まずは近い将来、柔道整復師の専科教員の免許を取得したいです。専科教員として勤務しながら、接骨院やトレーナー活動も並行してできたらと考えています」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東日本医療専門学校(専修学校/宮城)