• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 宮城
  • 東日本医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山岡 周さん(柔道整復スポーツ科学科/柔道整復師)

先輩の仕事紹介

「スポーツでいわき市を東北一の都市にする」チーム理念達成のため、日々前進中です。

柔道整復師
柔道整復スポーツ科学科卒/2015年卒
山岡 周さん

この仕事の魅力・やりがい

併設するいわきFCクリニックのドクターの指示の下、看護師・理学療法士・鍼灸師との間で資格の垣根を越えた医療提供を行っています。また、サッカーに限らず学生アスリートを中心に骨折を始めとした外傷へのアプローチはもちろん、地元のスポーツクラブを対象に検診や運動教室も実施。「怪我の予防に勝る治療はない。自分の身体が最強のプロテクターだ」というクリニック理念に基づく治療計画をドクターと共同で作成することで、エビデンスに基づいた施術を患者さんに提供することもできています。また、外傷・障害と向き合うなかで、怪我だけを視るのではなく、患者さん全体を診ることの大切さを実感しながら、充実感のある仕事ができています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

以前は地元の消防士として、充実した日々を送っていましたが、東日本大震災をきっかけに仕事への向き合い方に変化が生まれました。そして、「判断と責任」を追及できる仕事をしたいという思いが強くなり、家族と話し合いを重ねた結果、自分のキャリアを最大限に生かせる仕事である柔道整復師を選択しました。

患者さんに寄り添った丁寧な施術を心掛けています

学校で学んだこと・学生時代

菅野先生を筆頭に信頼できる教師が複数在籍されていたのが印象に残っています。私のような社会人経験者に対しても、正面から向き合ってくれていたので、国家試験まで不安なく学生生活をおくることができました。また、カリキュラムも自分で選択できる環境にあったので、強制された詰め込み感はなく、自分のペースで集中して学ぶことができました。

地元のスポーツクラブでの運動教室も定期的に実施

山岡 周さん

いわきFCリカバリーステーション 院長/柔道整復スポーツ科学科卒/2015年卒/福島県立湯本高等学校、東北学院大学教養学部卒業後、1998年~2012年までいわき市消防本部にて消防士として勤務。東日本大震災をきっかけに仕事への向き合い方を変え、2012年に東日本医療専門学校 柔道整復科(夜間)入学。2013年からは東北学院大学体育会サッカー部の外部コーチに就任、2015年に柔道整復師の国家資格取得。2015年~2018年まで株式会社健生の直営店で院長として勤務。2018年から現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東日本医療専門学校(専修学校/宮城)