• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡天神医療リハビリ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川添 徹さん(作業療法学科/作業療法士)

日常生活を送る上で必要な機能の回復を支援しています

先輩の仕事紹介

心豊かな作業療法士として、患者様が早く回復できるようリハビリと向き合っていきます

作業療法士
作業療法学科/2009年卒
川添 徹さん

この仕事の魅力・やりがい

社会生活を営むのに必要な行為や動作の回復、退院後の住環境への適応や就労環境への適応能力などの回復を支援しており、特に病気やケガをされた患者様の急性期のリハビリ業務を行っています。リハビリが始まったばかりの患者様は、意識もなくベッド上で動けない方も多くいますが、手足を動かす練習や座る練習、食事の練習等を繰り返し行い、できるだけ患者様が元の生活に戻れるように働きかけていきます。中にはリハビリを嫌がる患者様もおられて上手くいかないこともありますが、元気になった患者様から「ありがとう」という一言をいただければ、作業療法士冥利に尽きると思います。そして他職種の病院スタッフと連携しながら見守っていきます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

元々、私は高専でエンジニアになる勉強をしていましたが、パソコンと向き合う日々よりも人と触れ合える仕事をしたいと思うようになり、その中でも人の役に立てる福祉系の仕事に興味を持ちました。あるマンガを読んでいるとリハビリという仕事があるのを知り「この仕事は凄い」と直感的に感じたことから作業療法士になろうと思い、リハビリの専門学校を探すようになりました。幾つかの学校のオープンキャンパスに参加し、街中にあり通学しやすいこと、学校にアットホーム感があり先生との距離が近く感じられたことから福岡天神医療リハビリ専門学校に入学を決めました。使命感を持って社会に貢献する作業療法士を輩出するという気概がありました。

思いやりのある気持ちを持って患者様と接しています

学校で学んだこと・学生時代

在学中の1・2年生では、主に解剖学や生理学の基礎知識の勉強をしました。全身の筋肉・骨の名前等、高専で学んだこととは違い暗記することが多くて大変でしたが、そこで頑張れば8週間の実習や国家試験が楽になると思います。実習や試験前には、先輩たちから貴重なアドバイスをいただいて事前準備をしっかり行っていました。また、クラスには様々な幅広い世代の人たちが集まっていたため、今までと違いいろんな考え方や視点が養われたと思います。試験が終わるたびに食事会をしたり、夏にはキャンプに行くなど仲の良いクラスで楽しかったです。今でも交流が続いているので、生涯の友と出会えたことが嬉しいです。

患者様の容態やリハビリ内容を保存していきます

川添 徹さん

済生会二日市病院勤務/作業療法学科/2009年卒/有明工業高専(福岡県)出身。理系から福祉系への方針転換は、人生の中で人との関わりを広め深めて行きたいという考えからで、その判断が間違いでなかったと今は思う。一からの学びなおしであったが、新鮮で楽しく学べたことから、やる気があれば何でもできると考えるようになった。中学から陸上やテニスをしていたことから、休日はトレイルランニングやマラソン大会に出場していた。そして、子育てを楽しむ良きパパである。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡天神医療リハビリ専門学校(専修学校/福岡)