• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 国際自然環境アウトドア専門学校

新潟県認可/専修学校/新潟

コクサイシゼンカンキョウアウトドアセンモンガッコウ

国際自然環境アウトドア専門学校の風景

妙高の豊かな自然が学びのフィールド!人と自然をつなぐプロフェッショナルを目指す

妙高の豊かな自然でのフィールドワークを中心とした実践的なカリキュラムで、自然に関する幅広い分野を学びます。高難度の資格・検定に対応した授業や、現役で活躍する講師陣による指導で、即戦力を育成します。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長

国際自然環境アウトドア専門学校の特長1

新潟・妙高の大自然に学ぶ。充実のフィールドワークでスキルアップ!

学校のある妙高市には、日本百名山の妙高山・火打山に代表される頸城の山々、特別天然記念物のライチョウ等の希少な野生生物、里山の伝統的な文化や暮らし等の豊かで特徴的な自然があります。その恵まれた自然環境のもと、環境教育や野外教育、登山・トレッキング等の山岳レクリエーション、野生生物や里山等の自然環境の保全、各種アウトドアスポーツ等、自然に関する幅広い分野の授業が四季を通じて展開されています。カリキュラムの多くがフィールドワーク(屋外での学習)で構成されているので、実践的なスキルを効果的に身につけることができます。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長2

実践的なカリキュラム。企画運営型の授業とインターンシップが充実!

キャンプ等の自然体験プログラムや、登山・トレッキングツアーの企画運営、ライチョウやツキノワグマ等に関する野生生物調査、クライミングやノルディックウォーキング等のアウトドアスポーツ教室の企画運営の機会がカリキュラムに組み込まれています。また、関連する業界の企業や団体での長期間のインターンシップ研修もあり、現場で活躍するプロの仕事に触れることができます。海外でのインターンシップ研修もあり、在学中に幅広い仕事の現場を体験することが可能です。これらの企画運営型の授業やインターンシップを通じて、仕事に直結するスキルを身につけ、即戦力を育成します。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長3

課程認定、対策授業で高難度の資格や検定に対応!

i-nacは、(公社)日本山岳ガイド協会、(公社)日本キャンプ協会の養成校であるため、「登山ガイド」、「自然ガイド」、「キャンプディレクター2級(MD)」等の高い専門性が求められる資格の取得を目指せます。さらに、環境教育や生物の分野では「生物分類技能検定」や「ビオトープ管理士」、アウトドアスポーツのインストラクター資格などさまざまな資格や検定に対応したカリキュラムで、就職に直結する資格取得・検定合格を強力にバックアップしています!(※取得できる資格や検定は学科・コースによって異なります。)

右へ
左へ
国際自然環境アウトドア専門学校の特長1

新潟・妙高の大自然に学ぶ。充実のフィールドワークでスキルアップ!

学校のある妙高市には、日本百名山の妙高山・火打山に代表される頸城の山々、特別天然記念物のライチョウ等の希少な野生生物、里山の伝統的な文化や暮らし等の豊かで特徴的な自然があります。その恵まれた自然環境のもと、環境教育や野外教育、登山・トレッキング等の山岳レクリエーション、野生生物や里山等の自然環境の保全、各種アウトドアスポーツ等、自然に関する幅広い分野の授業が四季を通じて展開されています。カリキュラムの多くがフィールドワーク(屋外での学習)で構成されているので、実践的なスキルを効果的に身につけることができます。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長2

実践的なカリキュラム。企画運営型の授業とインターンシップが充実!

キャンプ等の自然体験プログラムや、登山・トレッキングツアーの企画運営、ライチョウやツキノワグマ等に関する野生生物調査、クライミングやノルディックウォーキング等のアウトドアスポーツ教室の企画運営の機会がカリキュラムに組み込まれています。また、関連する業界の企業や団体での長期間のインターンシップ研修もあり、現場で活躍するプロの仕事に触れることができます。海外でのインターンシップ研修もあり、在学中に幅広い仕事の現場を体験することが可能です。これらの企画運営型の授業やインターンシップを通じて、仕事に直結するスキルを身につけ、即戦力を育成します。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長3

課程認定、対策授業で高難度の資格や検定に対応!

i-nacは、(公社)日本山岳ガイド協会、(公社)日本キャンプ協会の養成校であるため、「登山ガイド」、「自然ガイド」、「キャンプディレクター2級(MD)」等の高い専門性が求められる資格の取得を目指せます。さらに、環境教育や生物の分野では「生物分類技能検定」や「ビオトープ管理士」、アウトドアスポーツのインストラクター資格などさまざまな資格や検定に対応したカリキュラムで、就職に直結する資格取得・検定合格を強力にバックアップしています!(※取得できる資格や検定は学科・コースによって異なります。)

右へ
左へ
国際自然環境アウトドア専門学校の特長1

新潟・妙高の大自然に学ぶ。充実のフィールドワークでスキルアップ!

学校のある妙高市には、日本百名山の妙高山・火打山に代表される頸城の山々、特別天然記念物のライチョウ等の希少な野生生物、里山の伝統的な文化や暮らし等の豊かで特徴的な自然があります。その恵まれた自然環境のもと、環境教育や野外教育、登山・トレッキング等の山岳レクリエーション、野生生物や里山等の自然環境の保全、各種アウトドアスポーツ等、自然に関する幅広い分野の授業が四季を通じて展開されています。カリキュラムの多くがフィールドワーク(屋外での学習)で構成されているので、実践的なスキルを効果的に身につけることができます。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長2

実践的なカリキュラム。企画運営型の授業とインターンシップが充実!

キャンプ等の自然体験プログラムや、登山・トレッキングツアーの企画運営、ライチョウやツキノワグマ等に関する野生生物調査、クライミングやノルディックウォーキング等のアウトドアスポーツ教室の企画運営の機会がカリキュラムに組み込まれています。また、関連する業界の企業や団体での長期間のインターンシップ研修もあり、現場で活躍するプロの仕事に触れることができます。海外でのインターンシップ研修もあり、在学中に幅広い仕事の現場を体験することが可能です。これらの企画運営型の授業やインターンシップを通じて、仕事に直結するスキルを身につけ、即戦力を育成します。

国際自然環境アウトドア専門学校の特長3

課程認定、対策授業で高難度の資格や検定に対応!

i-nacは、(公社)日本山岳ガイド協会、(公社)日本キャンプ協会の養成校であるため、「登山ガイド」、「自然ガイド」、「キャンプディレクター2級(MD)」等の高い専門性が求められる資格の取得を目指せます。さらに、環境教育や生物の分野では「生物分類技能検定」や「ビオトープ管理士」、アウトドアスポーツのインストラクター資格などさまざまな資格や検定に対応したカリキュラムで、就職に直結する資格取得・検定合格を強力にバックアップしています!(※取得できる資格や検定は学科・コースによって異なります。)

右へ
左へ

国際自然環境アウトドア専門学校の関連ニュース

国際自然環境アウトドア専門学校の学部・学科・コース

国際自然環境アウトドア専門学校のオープンキャンパスに行こう

イベント

自然、アウトドアの授業を体験!オープンキャンパス開催!の詳細

自然、アウトドアの授業を体験!オープンキャンパス開催!

【イベント概要】 今注目されているアウトドア分野。 各コースのカリキュラムを聞いたり、i-nacなら…

続きを見る

国際自然環境アウトドア専門学校の学校の魅力発見インタビュー

国際自然環境アウトドア専門学校の学費(初年度納入金)

●2019年度納入金 120万円
(学校独自奨学金、日本学生支援機構奨学金、各種提携教育ローン他あり)

国際自然環境アウトドア専門学校の就職・資格

就職支援

自然・アウトドアの専門就職に強い!

フィールドワークを中心とした授業で着実に知識・技術を習得し、学生の希望進路に合わせた各分野のインターンシップ実習で実践力を身につけます。併せて、パソコンやコミュニケーション技法など社会人としてのビジネススキルも身につけます。また、担任の一人ひとりに合わせたカウンセリングや個別指導に加え、講師陣や業界で活躍をしているOB・OGなど自然・アウトドア業界の強力なネットワークを活かした学校独自の求人が、学生の就職活動をバックアップします。

国際自然環境アウトドア専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

入学サポートデスク

〒949-2219 新潟県妙高市原通70
TEL:0120-537-010 (フリーコール)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県妙高市原通70 「関山」駅からタクシー4分

地図

 

路線案内

国際自然環境アウトドア専門学校のブログ・インフォ

  • 2020年01月15日 11:49 BLOG

    地域や移住に関心のある人や暮らしを取り上げたメディア「TURNS」 雑誌やWEBサイトで様々な情報を発信されています。   そこに、2010年に卒業し、現在妙高で林業を生業とする伊藤雅文さんのインタビューが掲載されています。       帰りたくなる場所、妙高…ぜひチェックしてくださいね! TURNS・記事はここをクリック   卒業生紹介はここをクリック  

    https://ameblo.jp/i-nac/entry-12567186463.html

  • 2020年01月15日 11:22 BLOG

    小林敬明さん 静岡県出身・社会人を経て35歳の時に入学 2019年3月野外教育・アウトドアスポーツ学科を卒業   株式会社LIG 勤務先:サンデープラニング・ゲストハウスLAMP(長野県) http://www.sundayplanning.com/     仕事の内容を教えてください。 大きく分けて2つあります。 1つはガイド業、これがメイン。 春は山菜採り、夏はカヤック・SUP・ラフティング、秋はキノコ狩り、冬はスノーシュー・歩くスキーのツアーガイドをやっています。 ガイディングはもちろんですが、予約の管理、電話やメールの対応、ツアー後の写真の整理など、各ツアーに通じる事務作業も大事な日々の仕事になります。   2つ目はなんでも屋さん。 ツアーが無い時は掃除、洗濯、DIYなどの雑用から、小屋やウッドデッキ建設などの大工業や木の伐採などの林業まで、施設にとって必要なことは何でもこなします。     この仕事のやりがいや面白さは? 自然×人、とにかくこれが面白い。 まずは自分が大好きな自然の中に常に身を置いていること、これが一番大事。そしてそこに様々な人が絡むことにより、より一層面白くなるんです。 ガイドという仕事は自然と向き合う時間も長ければ、参加者と向き合う時間も長い。だから、木々や動物たちの個性も見えれば、その森の個性も見えるし、そしてそこで共に過ごす参加者の個性も見ることができます。 そしてそこに自分の個性を合わせることでさまざまな化学反応が起きる、これが面白いんです!     在学中に学んだことはどんな風に役立ってますか? アウトドア業界や自然環境、地域ビジネスなどの分野において得られる情報の幅広さ、多様さというのはi-nacならではだと思います。   私の場合、社会人を10年ほどすでにやっていましたから、わざわざそこから専門学校という遠回りをしなくても、いきなりどこかの会社に飛び込む選択肢もありました。 早くその仕事に就いた分、そこで働くための沢山の知識や経験が早く身に付き、早い段階でプロのガイドとしてデビューもできたと思います。   しかし、短期間でその場所で得た知識や経験というのは、その場所でしか通用しないものである可能性が高いという一面をもっています。 もちろん自分が活動するフィールドを誰よりも熟知するのは良いことですが、その場所で得られたエッセンスだけをどれだけブレンドしてもなかなか新しいものは生まれません。   その点i-nacでは、様々な現場で活躍しているプロの考え方や知識、経験を学ぶことができ、業界全体の流れや動きを肌で感じることができました。 そういったことの積み重ねが、これまでにとらわれず、時代のニーズに合わせ新しいものを生み出していく!という今の仕事に対する向き合い方につながっていると思います。     最後に今後の目標や将来の夢を教えてください! 前述したように、新しいものを発信することが今の仕事に対するモチベーションです。与えられた仕事を日々こなすより、自らやりたいと思ったことに時間も精神もお金もかける方が絶対に楽しい! だから、今私の中に点在しているぼんやりとしたアイデアのかけら達を、一つ一つ形にして世に出していくことが当面の目標です。   一番最近で言えば「雪中しゃぶしゃぶスノーシューツアー」というプランを作りました。 楽しそうでしょ!?(笑)       年間を通じたガイドツアーを展開し、ベース施設はゲストハウス、カフェ・レストラン、サウナをそなえるおしゃれスポット! i-nacから車で30分かからない立地で、小林さんは在学中からアルバイトで経験を積んでいました。 35歳からの生き方転換…。興味がある人はぜひぜひ小林さんのガイドツアーに参加してみてくださいね!     卒業生紹介シリーズはここをクリック   学校ホームページはここをクリック     ★お問合せや感想お待ちしてます★ 友だち追加してメッセージを送ってくださいね 資料請求やオープンキャンパス参加もLINEでOK

    https://ameblo.jp/i-nac/entry-12567181649.html

  • 2020年01月08日 13:25 BLOG

    1月18日(土)と2月8日(土)のオープンキャンパスは、 「冬を知って変わる私」と題して、授業体験はスノーシューハイキングを行います。   このキャッチコピーにした冬への思いを今日は紹介します。     雪にはどんなイメージを持っていますか? 大変…。寒くて嫌だ。そんな感じでしょうか?   子供の時は神秘的で、とてもワクワクするものでしたが、大人につれ生活の中での負担に目がいきがちです…。   雪かき、屋根の雪下ろし、雪で壊れる様々なもの。交通障害。出かけるのが億劫になる。     私は生まれも育ちも雪国・新潟県でありながら、冬嫌い、寒いのが大大大嫌いな大人でした。笑 大学時代、どんなに誘われても頑なに行かなかったゲレンデ。       ですが、i-nacで働き始めて1、2.年経つと、「雪よ降れ~!パウダー降れ~!」なんて言っちゃう別人になったのです。     i-nacにいると、景色の美しさ、冬を乗り越える生物の知恵、冬だけのアクティビティ、雪がもたらす水の恵みなど、楽しみや面白さが沢山あることに気づかされます。 何年経っても変わらず…。     そして、暮らしの知恵を教えてくれる人がいて、一緒に楽しむ仲間が沢山います。     豪雪地といわれる場所で暮らす3年間は、人生でとても貴重な経験になるんじゃないかなと思います。     そんなことを感じてもらえたらと思って、冬を知って変わった私が、 「冬を知って変わる私」というタイトルをつけてみました! (本当は厳しい冬のあとに訪れる初春が最もおすすめなのですが…、それは入学してからのお楽しみで。)       まだまだ申込受付中です! スキーウェアなど、防水・防寒のものがなければこちらで全て用意しますのでご心配なく…   オープンキャンパス詳細はここをクリック

    https://ameblo.jp/i-nac/entry-12565496844.html

  • 2020年01月06日 15:35 BLOG

        本日より早速授業が始まりました! 皆様と共に、挑戦を続けるi-nacでありたい!   今年も一年、よろしくお願い申し上げます。       妙高は10年に一度くらいの小雪・暖冬をむかえています。 来週はスキーなど冬の実習が控えています…。ヤキモキ。  

    https://ameblo.jp/i-nac/entry-12565040115.html

  • 2019年12月24日 13:25 BLOG

    山岳プロ学科3年 近江祐輔さん (東京都出身・昭和第一高校出身)   内定先:株式会社ニューハレックス(静岡県磐田市) https://www.new-hale.com/     内定先について 主にNew-HALE(ニューハレ)というテーピングを取り扱う会社です。 New-HALEは怪我予防やパフォーマンスの向上をサポートし、トレイルランニングを中心に登山やクライミングをする方など幅広く支持されている製品です。   内定への経緯を教えてください。 2年生の夏にインターンシップへ行きました。アウトドアや登山の専門店をまわり講習会や販売を経験、またトレイルランニングの大会で選手のサポートを行いました。 それ以後は学校が休みの時にアルバイトとして働かせていただき、続ける中で代表者の方へ就職の希望を伝えたという経緯です。     ガイド会社をインターンシップ先に選ぶ人が多いですが、近江さんはそうではなかった。 まずそこに興味があります! 授業・実習などでガイドの方々と関わり、例えば植物に詳しいとか得意をつくり付加価値がないと、独り立ちしてやっていくことは難しいと感じました。 自分の場合は何ができるかなと考えるなかで、人の体やそのケア、栄養に興味があったので、その面からお客様をサポートできるようになったらいいな!と気持ちが変化していきました。     今後の目標や将来の夢を教えてください。 いつか、20年後くらい?にはガイドとして仕事をしたいです。 内定にあたっては、将来や業界への思いや考えをざっくばらんに話をする機会もいただき、嬉しかったです!   新卒ですし、まずは内定先できちんと働いて、社会常識などしっかり身につけた上で、沢山のステップを経て、最終的にガイドになれたらいいなと思っています。       いつも真面目に取り組み、信頼があつい近江さん。オープンキャンパスの学生スタッフとしてクライミングや沢登りで大活躍でした! 今後の活躍もとっても楽しみです 入学サポートデスク・小林   内定者インタビュー・登山ガイド会社 内定者インタビュー・リゾートホテル

    https://ameblo.jp/i-nac/entry-12561899092.html

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内+願書セット+イベント案内
国際自然環境アウトドア専門学校(専修学校/新潟)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路