• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千葉科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部
  • 生命薬科学科(4年制)

私立大学/千葉

チバカガクダイガク

生命薬科学科(4年制)

募集人数:
40人

生命科学の知識を基盤とした創薬・化粧品科学のスペシャリストを育成

学べる学問
  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:2018年度納入金 175万円  (※入学金30万円含む)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

少人数教育なので、実習では誰もが最新の機器に触れることができる
「創薬科学コース」「化粧品科学コース」の2つのコースを用意し、薬学の基礎から専門知識までを学び、研究者・技術者・化粧品の開発者など社会に貢献する人材を育成します。少人数制なので、実習に参加する誰もが実際に機器に触れ、操作などを体験することで技術を身に付けていくことができます。
薬・化粧品科学のスペシャリストを目指す
「創薬科学コース」では一人でも多くの人を病の苦しみから救うため、薬の科学を広く学び、製薬企業の技術者・医薬情報担当者(MR)として活躍できる人材を育成します。また、「化粧品科学コース」では生命科学を基礎とした化粧品原料・素材、製剤技術を学び、さらに皮膚や毛髪の生理機能などのバイオテクノロジーも学びます。

ゼミ

学外活動・企業との交流も盛んな製剤/化粧品科学研究室
製剤/化粧品科学研究室では、(1)化粧品製剤化、(2)有効性・有用性の評価(皮膚計測)、(3)有効成分の経皮吸収の3つを柱に研究を行っています。学術学会で研究成果を発表したり、化粧品メーカーでの学外活動や学内の特別講義・シンポジウムを介して化粧品業界との交流を図るなど、実践的な人材育成に取り組んでいます。

学生

「化粧品業界の方の講演で現場のリアルな声が聞けます」4年・佐藤有希さん
「千葉科学大学に進学した先輩から製剤/化粧品科学研究室のことを聞き、私のやりたいことはこれだと確信。化粧品を専門的に学べる生命薬科学科を選択しました。業界の方から生の声を聴けることも魅力です。将来は化粧品開発に携わりながら、ユーザーの悩みを取り除くことができる化粧品を創りたいです。」

卒業後

卒業後は医療業界のほかにも幅広く活躍できる
薬のスペシャリストとして製薬会社(研究開発・医薬情報担当者<MR>・製造)、CRC、ドラッグストア、食品(特に健康)、化粧品・バイオ産業(研究開発)、保健所、関連企業など企業・公務員への就職や研究所・大学の研究室へ進みます。大学院を入れると6年で薬学修士の学位を取得でき、製薬会社など研究機関で活躍できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種)

目標とする資格

    • 登録販売者<国> 、
    • 小学校教諭免許状<国> (2種)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    製薬企業(研究開発・MR) 、 CRC 、 ドラッグストア 、 食品関連企業 、 中学校・高等学校教諭(理科) 、 小学校教諭 、 研究所・大学 、 大学院 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒288-0025 千葉県銚子市潮見町3番
TEL 0120-919-126 入試広報室・受験生ホットライン
koho@cis.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
本部キャンパス : 千葉県銚子市潮見町3番 「銚子」駅から千葉交通バスで約10分 本部キャンパス前下車

地図

 

路線案内

マリーナキャンパス : 千葉県銚子市潮見町15番地8 「銚子」駅から千葉交通バスで約10分 マリーナキャンパス前下車

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

千葉科学大学(私立大学/千葉)