• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 西田 菜積さん(危機管理学部 危機管理学科/救急救命士)

私立大学/千葉

チバカガクダイガク

一刻を争う救急救命の現場。迅速に正確に対応します!

先輩の仕事紹介

患者様やご家族の方からの「ありがとう」。そんな感謝の言葉が一番のやりがいです!

救急救命士
危機管理学部 危機管理システム学科 消防官・地域防災コース(2019年4月から、保健医療学科 救急救命学コースで養成)/2014年3月卒
西田 菜積さん

この仕事の魅力・やりがい

24時間体制のなかで、救急の指令が流れたときに救急車で現場に向かいます。緊迫した状況が多いなか、患者様やご家族の方から「ありがとう」という言葉をいただくときが一番嬉しい瞬間ですね。以前、救急車で向かった際、あまり重くない症状で、病院に行かなくても大丈夫だった患者様がいらっしゃいました。それでも患者様からは、「診ていただいて安心しました」と感謝の言葉をいただけ、人を助ける仕事をしてるんだなあと、改めて実感しました。また、女性の患者様には、「女性の隊員さんで助かりました」と言われることも多く、女性だからこそできることも多い仕事だと思います。これからも自分の強みを活かして、人を助けていきたいです!

学校で学んだこと・学生時代

千葉科学大学は目の前に海が広がっていて、自然に恵まれた最高の環境。勉強にも集中できるし、「溺れた人をどう助けるか」といった、海を利用した実習ができたこともよかったです。また、救急救命士や消防官になるためには、公務員試験と国家試験の両方に合格しなければなりませんが、担当の先生が学生一人ひとりにあわせた最適な勉強方法を教えてくれるなど、本当に親身にサポートしてくれたので試験にも安心して臨むことができました。友人たちもみんなモチベーションが高くて、試験前はゼミ室で朝まで一緒に勉強していました。人生で一番勉強した日々でしたが、自分はひとりじゃない、そんな気持ちが心の支えになって頑張れました。

医療機器も念入りにチェックします

これからかなえたい夢・目標

尊敬する救急隊長の後ろ姿を見ながら、一歩一歩成長していきたいです。隊長は本当にすごくて、どんな症状の患者様であっても、どんなに家族の方が焦っていても、絶対に焦らず、常に冷静に、短い時間のなかで最適な判断をしています。私はまだまだ未熟者で、つい焦ってしまうこともありますが、救急救命の現場では焦りは大きなミスにつながります。まさに最高のお手本である隊長に学び、「迅速」かつ「正確」さを身につけたいです。また、職場には女性もたくさん活躍していますが、子どもを産むとどうしても現場に戻りづらい現状があります。家庭を持っても、子どもを産んでも、現場で活躍できる、そんな環境づくりにも挑戦していきたいです!

隊員同士の密なミーティングもかかせません!

西田 菜積さん

加須消防署勤務 救急救命士・消防官/危機管理学部 危機管理システム学科 消防官・地域防災コース(2019年4月から、保健医療学科 救急救命学コースで養成)/2014年3月卒/「自分の身内の人が救急車で運ばれたとき、自分はなにもできなかった。だから、自分の力で人の命を助けられるような技術を身につけたかったんです」と語る西田さん。出身の青森県から遠く離れた千葉科学大学への入学を決めたのは、「高校に説明会に来てくれた大学のなかで、一番わかりやすく説明してもらえたので」とのこと。「千葉科学大学の先生は本当に親身になって指導してくれる方ばかり。勉強が苦手でも大丈夫!一緒に夢を叶えましょう」と後輩にエールを送ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

千葉科学大学(私立大学/千葉)