• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 稲村 周太郎さん(危機管理学部 航空技術危機管理学科/パイロット)

現在は副操縦士の訓練中。合格目指して頑張ります

先輩の仕事紹介

パイロットとして歩み始めた今、恩師のような「グレートキャプテン」が目標です

パイロット
危機管理学部 航空技術危機管理学科 パイロットコース/2019年卒
稲村 周太郎さん

この仕事の魅力・やりがい

現在はジェット機の副操縦士になるために、数ヶ月にわたって実際の飛行機を使用しての実地訓練、試験の最中です。しっかり合格して、責任をもってお客様に空の旅を届けられるように頑張ります。副操縦士から機長になるだけでも大変なことですが、中でもさらに頭一つ抜け、周りから尊敬される機長は「グレートキャプテン」と呼ばれます。千葉科学大学で教えている、現場経験豊富な先生方も「グレートキャプテン」と呼ばれてきた方々です。まずは副操縦士として経験と実績を積んで、機長としても「グレートキャプテン」と呼ばれるように、そしてゆくゆくは恩師の先生と同じく、母校である千葉科学大学で教鞭を執るようになりたいですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

宮崎に住む祖母に会うために幼い頃から飛行機に乗る機会が多く、いつしか飛行機が好きになっていました。パイロットには憧れていましたが、なる方法が分からなくて目標にしていませんでした。進路について悩んでいる時期、空港内のカフェでアルバイトをしていたのですが、お店に来るパイロットの方とお話しをさせてもらううちに「こういう風にパイロットになる方法があるよ」と大学で学ぶことを紹介され、パイロットになるという夢が、自分の中で徐々に現実になっていきました。自分から電話して個人的に大学を訪ねた際に、先生がマンツーマンで熱心に向き合ってくれ、「この先生の下で学びたい!」と惚れ込んで千葉科学大学に進学しました。

子どもの頃からの夢に、一歩ずつ近づいています

学校で学んだこと・学生時代

2年次にアメリカに1年間留学して自家用と双発の免許を取得した後、3年次に日本国内で事業用と計器飛行の免許を取得しました。3年次までに取得できた免許で操縦できる小型機は、車で言えばスポーツカーのようにある程度操縦に無理が利きますが、お客様を乗せて運航する大型機は慣性も大きいため、舵を切ってからの勝手が異なります。4年次に、そういった旅客機のパイロットに必要な知識・技能を大学でみっちりと叩き込まれて、今の仕事にとても役立っています。入学前に「この先生の下で学びたい!」と惚れ込んだ先生から、日々の授業の中で折につけ伝えてくれたパイロットとしての心構えが、千葉科学大学の学びで得た何よりの財産です。

熱心に教えてくれる先生方が、千葉科学大学の魅力です

稲村 周太郎さん

ジェットスター・ジャパン株式会社 所属/危機管理学部 航空技術危機管理学科 パイロットコース/2019年卒/東京出身。千葉科学大学のパイロット養成課程の一期生であり、ジェットスター・ジャパンに入社する。学生時代の思い出として「犬吠埼から見た初日の出」を挙げる。千葉科学大学は「勉強に集中できるいい環境」「先生たちが何よりの自慢」だと語る。パイロットとしての学びに加え、危機管理の専門家の先生から教わったことも、パイロットとして歩み始めた今になってみると役立っていると実感している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

千葉科学大学(私立大学/千葉)