• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 堀内 実生さん(危機管理学部 保健医療学科救急救命学コース/消防士、救急隊員)

大変なことも多いけど、初心を忘れずに頑張ります

先輩の仕事紹介

消防士・救急隊員として「困っている人への親身なサービス」を心がけています

消防士、救急隊員
危機管理学部 保健医療学科 救急救命学コース 卒/2017年卒
堀内 実生さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在、消防士として救急隊、消防隊、指揮隊として仕事をしています。救急救命士の資格を取得しているので、主に救急隊として救急車に乗っていますが、私の所属する消防本部は小規模消防のため、消防隊、救急隊等幅広く全てを任されています。私が仕事の上で心がけているのは「親身なサービス」です。というのも、私たちが出動する先に必ず困っている人や助けて欲しい人たちがいます。「今、何をすることが隊活動に必要か」「どうすれば困ってる方に最善のサービスをできるか」と常時考えながら仕事をしています。傷病者やご家族の方が安心してくださり、「ありがとう」と感謝の言葉をいただけた時はこの仕事を選んでよかったと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

家族が具合が悪く、119番で救急車に助けに来てもらった時に、救急隊の活動を見て「かっこいいな」「すごいな」と思い、私も人を助ける仕事がしたいと思い、同じ仕事につきたいと思いました。消防士=男性という印象がありますが、現在は多くの女性消防士が全国で活躍しています。女性ならではの対応や心遣いが、相手にとって良い時もあるんです。大学時代に紙芝居サークルに入っていたこともあり、今年、私が作成した絵本を消防本部が印刷してくださり、幼稚園や保育園、図書館などに配布し、読み聞かせを行い、新聞に取り上げていただくこともできました。

消防士って実は事務仕事も多いんです!

学校で学んだこと・学生時代

先生方は、元消防士の方で、勉強だけでなく実際の消防士の仕事のことや考え方などをたくさん教えてくれ、現在それがとても役に立っています。特に地域に寄り添った救急救助消火方法をの知識がすごく、メリハリをもって指導してくれたことが印象的です。学生時代はよく図書館で公務員試験の勉強等をしていました。多くの先輩方が図書館で授業以外でも勉強をしていて、その姿に刺激されたことを憶えています。大学生活は、もちろん勉強もそうですが、勉強以外の時間にたくさんのことを経験できる期間でもあると思います。ぜひ、多くのことにチャレンジし、これからの自分の糧にしてほしいです。

火災の際いち早く駆けつけられるように訓練します

堀内 実生さん

富士五湖広域行政事務組合富士五湖消防本部 勤務/危機管理学部 保健医療学科 救急救命学コース 卒/2017年卒/1995年生まれ。2018年からは富士五湖広域行政事務組合富士五湖消防本部に所属し消防・救急に従事するかたわら、自作した絵本「ひのおばけ けむりのおばけ」を通じたこどもへの防火啓蒙活動を行っており、その様子は地元紙・全国紙にも取り上げられた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

千葉科学大学(私立大学/千葉)
RECRUIT