• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小間沢 円香さん(危機管理学部 保健医療学科臨床工学コース/臨床工学技士)

さまざまな症例に対応する経験が詰める環境です

先輩の仕事紹介

「臨床工学技士」という専門性で、他職種のスタッフと連携して医療にあたっています

臨床工学技士
危機管理学部 保健医療学科 臨床工学コース 卒/2020年卒
小間沢 円香さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私の勤務先は大学病院のため、さまざまな症例に対応することになり、それだけにスキルを磨くことができる環境でもあります。働く上では同僚や関係者とのコミュニケーションを意識することを大切にしています。現代の医療現場では、異なる専門性を持つスタッフが協力して患者様にあたります。私は主に生命維持管理装置の操作を担当していますが、その時にも異なった職種の医療スタッフとのコミュニケーションを大切にし、医療スタッフが協力し合いながら情報共有することを心がけています。責任重大な仕事ですが、状態が悪く多くの医療機器を必要としていた患者様が、回復に向かって行くときには大変な達成感があります。

分野選びの視点・アドバイス

私がこの進路を決めたのは高校3年の時でした。以前から医療に携わりたいと思っていたところ、家族の病気を機に「患者と医療の関わり方」を目の当たりにし、医療機器で主要な臓器の補助ができることに感銘を受けたことがきっかけです。実際にこの仕事を始めて、先にも挙げた同僚とのコミュニケーションとの重要性や、新しい医療技術や機器のことを日々勉強する必要を実感します。医療機器の専門職である臨床工学技士は、医用工学などの関連する分野の学会がたくさんあり、私も参加して新しい知識を吸収しています。それだけに大学での生活、特に勉強に集中できる環境かどうかは大切ですし、在学中にも国家試験の合格に直結しています。

仕事を進める中で、様々な新しい機器について学びます

学校で学んだこと・学生時代

千葉科学大学はキャンパス周りの雰囲気が良く、臨床工学技士だけでなく多種多様な資格を目指した人たちが学んでいます。そのため、在学中から他職種とのコミュニケーション能力向上が期待できました。在学中は正規の授業時間はもちろん、授業外の機会にも貪欲に知識・経験を吸収しました。中でも海外での医療ボランティアの経験からは、臨床工学技士の重要性やコミュニケーション能力の必要性を現場で学ぶことができました。また先輩や同級生との関わりが強く、困った時には先輩に相談して色々と助けてもらえましたし、ゼミ室で同級生の勉強してる姿を見ることで、切磋琢磨し、自分のやるべきことに集中して勉強に取り組めたのだと思います。

ゼミ室は勉強だけでなく息抜きもできる空間でした

小間沢 円香さん

北里大学病院勤務/危機管理学部 保健医療学科 臨床工学コース 卒/2020年卒/2020年に千葉科学大学を卒業後、臨床工学技士として北里大学病院に勤務。現在の職場の魅力は「国外の医療とも関わること。そして幅広い経験を積めること」だという。「先輩に色々教えてもらいながら、多くの医療機器を扱い、知識量を増やし、業務に役立てたいと思っています」と現在の目標を語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

千葉科学大学(私立大学/千葉)
RECRUIT