• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡ベルエポック美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松村 南奈さん(ヘアメイク科(2年制)/ヘアメイクアップアーティスト)

TVや雑誌、映画、舞台など、様々な現場を担当します

先輩の仕事紹介

ヘアメイクとして現場を支えたい!タレントさんの自信や勇気を引き出したいです

ヘアメイクアップアーティスト
美容師科ヘアメイクコース(※現:ヘアメイク科)/2017年卒
松村 南奈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

東京のヘアメイク事務所に所属して、TVドラマやCM、雑誌、映画など、幅広いジャンルのヘアメイクを担当しています。やはり一番嬉しいのは「かわいい!」「画面での映りがよかった」と担当したタレントさんに喜んでもらえた時。また、その方のファンの方にSNSで褒めてもらえた時にも次も頑張ろうという意欲につながります。私が現場で大事にしているのは、タレントさんの髪質や肌質、当日の体調や気分に合わせること。眉毛の描き方、スタイリング剤の使い方など、どれをとっても正解といえるものはないので、ご本人と相談しながらヘアメイクを進めていきます。ヘアメイクで自信や気合い、勇気を引き出すことができるように頑張っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の頃に新体操を習っていてメイクをする機会があり、小さい頃からメイクが好きでした。そして高校時代に、TVや舞台の裏側で活躍する“ヘアメイク”という職業を知り「自分だったらこんな風にヘアメイクをしたい!」などと想像して、憧れるようになりました。その後、友達と一緒に福岡ベルエポック美容専門学校のオープンキャンパスに行き、先輩たちの目の輝きや自由で楽しそうな雰囲気に惹かれて入学。学生時代には、成人式のヘアメイクをする実習が印象に残っています。初めて一般の方を担当したので緊張しましたが、在校中に現場に近い状況を経験できたのが貴重でした。福岡ベルの魅力は現場の多さ!一つでも多く経験してください。

一緒に入社した吉岡さんと(福岡ベル卒業生)

これからかなえたい夢・目標

ヘアメイクは正直楽な仕事ではありません。現場を一人で任せてもらえるまでに約3年間のアシスタント期間がありますし、朝が早かったり、長期間の撮影に同行することもあります。でも私はTVなどの現場で活躍するヘアメイクになりたいと思い、それが叶ってからは、もっと現場を支えたい!という思いが強くなっています。さらに今後は舞台衣装やヘアメイクに興味があって、現在は仕事の空いた時間にウィッグを制作してSNSにアップしています。このことに興味を持ったのも、舞台にヘアメイクとして携わった時に舞台衣装の方との出会いがあったから。ヘアメイクは自分次第で仕事がどんどん広がっていく。そんなところも楽しみの一つです。

ブランド品だけに拘らず、使いやすいものを厳選します

松村 南奈さん

株式会社ビーサイド勤務/美容師科ヘアメイクコース(※現:ヘアメイク科)/2017年卒/長崎日本大学高校出身。もともと美術が得意だった松村さんは、デザインや表現をするのが好き。色とりどりの道具を使って個性を引き出すヘアメイクは、やりがいが大きいという。専門学校時代を振り返ってみると「挨拶や言葉遣い、時間厳守」など、当たり前のことにしっかり取り組む大切さを学べたことが大きいそう。それにより現場での大変さを乗り越えてこれたのだとか。これからヘアメイクを目指す方には「今からメンズブランドも含めて、コスメ道具の使い心地や発色の仕方などを知っておくとといいですよ。タレントさんとの話題の種になります」と教えてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡ベルエポック美容専門学校(専修学校/福岡)
RECRUIT