• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 静岡
  • 浜松学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 府川 知樹さん(現代コミュニケーション学部 子どもコミュニケーション学科/小学校教諭)

子どもも自分も同じ歩幅で成長出来る事が魅力な仕事だと思います

先輩の仕事紹介

子どもたちの成長を近くで見ることができて、自分自身も共に成長できる場所です

小学校教諭
現代コミュニケーション学部 子どもコミュニケーション学科/2019年卒
府川 知樹さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

静岡市の小学校の教員として現在は、5年生の担任をしています。職員間は話しやすい雰囲気があり、どんなことでも相談できる温かい職場です。学級を経営するのは大変ですが、学級の子どもたちの笑顔を見ると、どんな時でも辛さが吹き飛びます。また、昨日まで出来なかった問題が答えられた瞬間の「できた!」という笑顔を見るのは何度でも嬉しいことです。この仕事は人と人との関わりの中で進めていくもの。そのため、子どもや同僚、関係者間でのコミュニケーションをあらゆる場面で意識するようにしています。困ったことや分からないことはすぐに聞き、相談すること。また自分が同僚の力になれそうなことは、積極的に話すことも心がけています。

学校で学んだこと・学生時代

人にものを教えることが好きで、小学6年生の時の担任の先生に憧れ、小学校教諭を目指して浜松学院大学へ入学。浜松学院大学は、第一にどの先生も熱心に指導をしてくれる所が魅力です。入学後は、とにかく何事も全て吸収しようと思い、学生ボランティアや放課後等デイサービスなど参加できる活動には積極的に取り組みました。放課後等デイサービスで、緘黙症の児童がボランティア最終日、自分に「ここが分からない」と聞いてくれて、指導をすると、笑顔で「ありがとう」と言ってくれたのは今でも忘れられません。その後も在学中に定期的に活動させてもらいましたが、その日を境に自分に心を開いてくれたのは嬉しい思い出です。

早く1人前の教員になれるように日々奮闘中!

分野選びの視点・アドバイス

子どもたちと一緒に行動し、周りのことを考え率先して行動できる人が適材だと思います。大変なことや時間外で働くことも多いですが、やりがいがある仕事です。私自身、分野を選ぶ時のポイントとして自分に正直になり、1番したいことを考えました。「自分には無理かも」「周りが出来ないと言ったから」では前には進みません。学生のうちは諦めることではなく、挑戦することが大切だと思います。やらない後悔ではなく、やった後悔の方がいいと思い、この仕事を選びました。高校の時に先生達に「この職は難しいと思う」と言われましたが、今はあの時諦めなくて良かったと思っています。

大学で学んだ心理学や指導法は、とても役に立っています

府川 知樹さん

小学校教諭/現代コミュニケーション学部 子どもコミュニケーション学科/2019年卒/教師歴3年目になりましたが、まだまだ未熟です。自分が憧れた先生みたいになれるように頑張っていきたいと思うと将来について語る府川さん。仕事に就いてから改めて感じた学校の良さについて尋ねると「どんな学生にも同じ目線に立って、一から丁寧に指導してくれるのは、浜松学院大学の良さだと感じています。どの学生にも平等に温かい指導をして頂いたことを、今度は自分がしたいと思い、今の自分は心がけています」と答えてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

浜松学院大学(私立大学/静岡)
RECRUIT