• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 愛知調理専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 熊谷 恵実さん(調理専攻科/調理師)

愛知県認可/専修学校/愛知

アイチチョウリセンモンガッコウ

愛調でサービスが学べたことも今の仕事に活きています

先輩の仕事紹介

お客様から「美味しかった」「楽しかった」の言葉をいただく瞬間が、最高のやりがい!

調理師
調理専攻科/2013年3月卒
熊谷 恵実さん

この仕事の魅力・やりがい

ホテルにあるコンテンポラリー・ダイニング クラウンの鉄板焼きコーナーで働いています。お客様の目の前で調理して、接客もするので、反応をダイレクトに感じられます。「美味しかった」「楽しかった」と言ってもらえると励みになり、より良い食事の時間にしていただきたいと仕事に熱が入ります。私は最初、パティシエ志望で愛知調理専門学校に入ったんです。でも、学校から紹介してもらったアルバイト先で知り合った方が、「若いうちに料理を勉強してからでもパティシエになるのは遅くないよ」とアドバイスして下さり、2年次に西洋コースを選択しました。専門学校でいろいろな価値観、考え方の人と出会えたことも財産です。

学校で学んだこと・学生時代

実技の授業はいつも最前列で受けていました! とにかく声が大きくてうるさい、仕切りたがりの学生でしたね。奨学金を借りてアルバイトをして生活していたので、やるからには上を目指そうと本気で取り組んでいたんです。負けず嫌いな性格も影響していると思いますが、座学だけは苦手だったかも・・・。学生時代に調理、サービスのことも学べたことが本当に今の仕事で役立っていて、在学中にHRS(ホテル・レストランサービス検定)の資格を取得できたことも良かったです。調理を学べる学校は多くありますが、愛調は2年次にコース専攻できる。1年間学んでから自分の道を絞れるのが最大の魅力だと思います。

現在の職場には同じ専門学校卒の先輩もいます

分野選びの視点・アドバイス

就職して調理師として働くことはとても大変で、「自分の作ったご飯で人を幸せにしたい!」という憧れや夢だけでは心が折れてしまいそうになる事がたくさん起きると思います。でも、頑張って最初の2年は耐えて欲しいです。これは私の体験談かもしれませんが、3年目になると1年目の時とは想像もできなかったほど、料理が楽しくなると思います。私は今、調理師という仕事も働いている職場も大好きなんです。ずっとここで働きたいと思っているほどで、後輩のみんなにもぜひ私と同じように好きになれる仕事、職場に出合ってもらいたいと思っています!

お客様の目の前で手際よく調理します

熊谷 恵実さん

ウェスティンナゴヤキャッスル 料理統括部クラウン料理勤務/調理専攻科/2013年3月卒/「仕事がとても楽しいんです」と話す熊谷さんからは、充実した笑顔が見られた。パティスリーを始め、様々なプロフェッショナルが集まるホテルという職場に身を置いているので、自主的に製菓を教えてもらうなど、今も学びを続けている。「結婚して子どもを産んでも、会社に社員として戻ってきたいです。調理の現場で働く女性と聞くと雇用形態はアルバイトの方が多いイメージですが、女性調理師はこれからも増えると思います。だからこそ、新しい働き方の手本になりたいです」と話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛知調理専門学校(専修学校/愛知)