• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 長岡こども福祉カレッジ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高梨 友希さん(こども保育科(2年制)/保育士)

新潟県認可/専修学校/新潟

ナガオカコドモフクシカレッジ

私たちが笑顔でいると、子どもたちも笑顔になります

先輩の仕事紹介

いつでもニコニコ笑顔が基本!子どもと全力で遊べる保育士でありたい

保育士
こども保育科/2018年3月卒業
高梨 友希さん

この仕事の魅力・やりがい

2歳児の保育を担当。29人の子どもたちを5人の保育士で保育しています。6月頃からは担当する学年の中でのリーダーも任されるようになり、リーダーになった週は特に目の回るような忙しさです!まだなかなか上手にまとめられず、泣いている子や、言葉がうまく出ず意思疎通が難しい子、お友達に手を出してしまう子など、対応に迷うことも多くあります。そんな時に頼りなるのは同じ学年担当の先輩方です。相談してアドバイスをいただき、そのアドバイスを基に対応方法を試行錯誤。市や県の研修にも参加し、日々の保育に活かしています。迷い、悩みながらも子どもたちと一緒に笑い、喜び、成長できる。その実感が頑張る力につながっています。

学校で学んだこと・学生時代

先生方との距離が近く、クラスメイトは明るい子ばかりで楽しい学生生活が送れました。mewの授業は手遊びやおむつ替えなど、どれも現場での保育に直結していることばかり。特に印象に残っているのは公園へ散歩に行く授業で、砂場での遊び方や遊びの広げ方、遊びの最中や散歩中に注意すべき点など、実践的な学びは今も役立っています。障がい者就労施設に実習に行ったのですが、そこで障がいを持った方への認識が大きく変わりました。障がい児保育に興味を抱き、自ら進んで学ぶようになりました。就職先を決める際にも就職課の先生が就職先選びから面接対策まで親身になって相談に乗ってくださり、就職活動の際はとても心強かったです。

子どもたちが楽しめるように工夫しています

この分野・仕事を選んだきっかけ

きっかけは中学の時に行った保育園での職場体験。親戚に小さい子が多く子どもと接するのは慣れていましたが、保育園で子どもたちと遊ぶうちに保育の仕事に興味を持つようになりました。幼少期の楽しかった保育園生活の思い出も夢を後押し。当時いつも笑顔で、全力で遊んでくれた先生が大好きだったことを思い出しました。憧れの先生に近づきたくて入学を決めたのはmewでした。オープンキャンパスの時に他の学校よりも先生と先輩方の仲が良く、アットホームな雰囲気が一番の決め手になりました。就職先選びで重視したのは自分と園の保育観の一致と職場の雰囲気。現職場にはmewの卒業生もいたので、安心して就職することができました。

泣いてる子の対応にも先輩方のアドバイスが活きてます

高梨 友希さん

社会福祉法人宮内中央福祉会宮内中央保育園 勤務/こども保育科/2018年3月卒業/新潟県立見附高等学校卒業後、実践的な授業が豊富でアットホームな雰囲気が魅力の長岡こども福祉カレッジに進学。自身が目標とする『憧れの保育園時代の先生』を目指すべく、2年間の学びを通して保育の知識・技術を習得したという。「保育の学びはもちろん、エイシンスポーツフェスタやエイシン祭を通してグループ校や他学科の方とも交流する機会もあり、充実した学校生活を過ごせました」と高梨さん。現在入職1年目。「保育の現場での学びは尽きません。憧れの先生に少しでも近づけるよう子どもたちと成長を続けていきたい」と、これからの抱負を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

長岡こども福祉カレッジ(専修学校/新潟)