• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 新宿医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大山 薫さん(柔道整復学科/スポーツトレーナー)

患者様に愛情をもって接し、一緒に回復を目指します

先輩の仕事紹介

愛情のこまやかな母親のような柔道整復師を目指しています!

スポーツトレーナー
柔道整復学科/2014年3月卒
大山 薫さん

この仕事の魅力・やりがい

中学や高校のラクビー部の合宿や試合に同行するなど、現在はスポーツトレーナーとしての仕事をメインでやっています。私も高校時代まではバスケットボールをやっていたので、試合にのぞむ選手たちの心の機微がわかり、そういった面でも重宝されているのかもしれません(笑)。勤務先の鍼灸接骨院では、小学生から高齢者までのさまざまな患者様に応対していますが、場所柄なのかバレリーナの方が多いですね。来院された時は痛くて歩くのも困難だったのに、私の施術を受けて痛みがおさまり、笑顔が戻ったのを見ると、「この仕事に就いて良かった」と、つくづく思います。「治りました、ありがとう」そんな単純な言葉が、私の喜びに繋がるんです。

学校で学んだこと・学生時代

貴重な授業ばかりでしたが、1年次に教わった解剖学と生理学が、実際に働きだしてから特に役立っています。患者様にはどうしてこの部位が痛むのか、関節の構造などを的確に説明する必要がありますから。学んでいた当時は難しくて何度もへこたれそうになりましたが、がんばって良かったです。励まし合いながら共に勉強した専門学校時代の友人とは、今でも終業後や休日に会って情報交換をしています。最初は宮崎から上京するということで不安もありましたが、入学前の勉強会に参加できない遠方出身者に資料を送ってくれるなど、学校はとても親切にしてくれましたし、素敵な友人にも出会え、新宿医療専門学校を選んで大正解でした!

専門学校時代の同期と一緒に働いています!

これからかなえたい夢・目標

何年後になるかはわかりませんし、地元でなのか東京でなのかということも決めていませんが、ゆくゆくは独立・開業したいです。これからは高齢者の方も増えていきますので、そういった社会の需要にも応えながら、アスリートやバレリーナにも幅広く対応できる、総合型の接骨院がやれたらいいなと考えています。また、女性の柔道整復師やスポーツトレーナーは今のところ圧倒的に少ないので、その利点も生かしていけたらいいですね。女性ならではの視点や気配りの仕方ってあると思いますから。良い意味で、どこまで患者様に対しておせっかいが焼けるか、そこが大事なポイントなんじゃないかと思っています(笑)。

患者様との会話から、痛みの原因がわかることも

大山 薫さん

ケッズ鍼灸接骨院高田馬場 勤務/柔道整復学科/2014年3月卒/宮崎県立高鍋高等学校出身。高校時代まではバスケットボールに打ち込む。「もし、女性のスポーツトレーナーがいてくれたら…」という選手時代の思いをきっかけに、柔道整復師を目指すことに。東京の専門学校に進学を決めた理由は「姉が一足早く東京暮らしを始めていたので、心強かったから」。休日は地域のバスケットボールチームに参加して汗を流したり、患者様に教えてもらったカフェやビストロで食事をしたり、買い物をしたりして過ごしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新宿医療専門学校(専修学校/東京)