• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 新宿医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川崎 譲さん(柔道整復学科/柔道整復師)

先輩の仕事紹介

苦痛が和らいだ後の患者様の「喜びの表情」を間近で見られるのがこの仕事の魅力です!

柔道整復師
柔道整復学科 午後部/2020年卒
川崎 譲さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在は大きく分けて2つの仕事に携わっています。1つは捻挫や打撲などケガをされた方への施術。もう1つは、肩こりや頭痛など慢性的な疾患への施術です。最近はコロナ禍の影響でデスクワークが増えたり、在宅勤務が多くなったせいで、肩こりや頭痛をうったえる患者様は増加傾向です。また、スポーツ系の部活動に打ち込む中高校生や、舞台に立たれているバレエダンサーを担当することもあります。私個人の最終的な目標は、スポーツのナショナルチームに帯同するスポーツトレーナーになることですが、まずはこの治療院で目の前の患者様にしっかり向き合って施術に取り組み、みなさんの喜んでいる顔に少しでも多く触れたいですね。

学校で学んだこと・学生時代

高校時代は陸上部でハードルを専門にしていましたが、2年の時に右足を疲労骨折してしまい、スポーツトレーナーにお世話になる機会がありました。そういう職業があることは漠然と知っていましたが、強く意識したのはその時が初めてです。骨折の初期段階からリハビリに至るまでしっかりと寄り添ってもらい、ありがたみを痛感しました。その後、部活を引退し、進路を考え始めた時に、真っ先に思い浮かべたのがスポーツトレーナーでした。お世話になったトレーナーさんに相談したところ、やはり医療系の国家資格は持っていた方がいいという話になり、柔道整復師を目指すことにしました。以後はまっしぐらにこの道を歩んできました。

尊敬できる上司や先輩、仲間に囲まれて働いています。専門学校時代の同期も同じ職場です!

これからかなえたい夢・目標

新宿医療専門学校を選んだ理由は2つあって、1つはキャンパスの清潔感や設備の充実度などが他校に比べてダントツに良かったことです。オープンキャンパスでの先輩たちや先生方の雰囲気も温かくて、すぐに惹かれました。2つ目は、スポーツトレーナークラブの存在です。スポーツトレーナーになりたいという気持ちが人一倍強かったので、そこは大きなポイントでした。結局、母校の陸上部の顧問の先生から依頼され、1年の夏から3年の夏まで学生(ボランティア)トレーナーとして活動できました。また、本校はクラス制度を採用しているので、クラスメイトと切磋琢磨する関係ができ、それが国家試験に向けての勉強に非常に役立ちました。

学生時代にスポーツトレーナークラブで培った技術と経験が、今の現場でも役立っています。

川崎 譲さん

株式会社ケッズトレーナー・ケッズ鍼灸接骨院高田馬場 勤務/柔道整復学科 午後部/2020年卒/東京都足立区出身。岩倉高等学校卒業。高校までは陸上部に所属してハードル競技に励む。今でも休日は積極的に体を動かすようにしている。「スポーツをされている患者様が多いので、自分も同じ目線に立てるように、日頃からエクササイズを意識してます」と言う。また、バレエや演劇関係の患者も多く、舞台に招待されることもこの仕事にやりがいや喜びをもたらしているとのこと。夢は「国際大会で日の丸をつけて、選手とともに戦えるようなスポーツトレーナーになることです」と真顔でこたえてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新宿医療専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT