• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 滋賀
  • 長浜バイオ大学
  • 先生・教授一覧
  • 中村 卓先生(生物有機化学、タンパク質工学)

私立大学/滋賀

ナガハマバイオダイガク

こんな先生・教授から学べます

酵素で環境汚染物質の分解や有用物質の生産を目指す先生

生物有機化学、タンパク質工学
バイオサイエンス学部 
中村 卓先生
先生の取組み内容

生体内で物質を生成・分解するタンパク質の一種で、食品や医薬品、洗剤などに使われている酵素について研究しています。主に二つのテーマがあり、一つ目は酵素を使って難分解性の農薬やダイオキシン類等に代表される有機ハロゲン化合物という、環境汚染物質を分解する研究です。二つ目は酵素を使って環境に負担をかけずに機能性食品の栄養成分やエイズの薬の原料等、医薬品や医薬品の原料となるアミノ酸を効率よく合成する研究です。
酵素の発現、抽出、精製、活性測定や遺伝子組換え実験による変異体酵素作製などの実験だけでなく、コンピュータシミュレーションを用いて酵素の働く仕組みを調べたり、その知識を利用してより高機能な酵素をデザインすることにも挑戦しています。最近は、重金属や抗生物質を環境中から除去する研究にも取り組んでいます。

実験だけでなく、コンピュータシミュレーションを用いて酵素の働く仕組みを調べています

授業・ゼミの雰囲気

話を聞くだけや手を動かすだけの講義や実験実習ではなく、自分の考えも発言できるように訓練します!

話を聞くだけの講義、説明を聞いてただ手を動かすだけの実験実習では、受け身な取り組みで、知識や自分で考える力を定着できません。そこで、中村先生の講義では講義中に必ず生徒に質問し、講義内容を理解しているか、講義内容にどのような意見を持っているか確認しています。また、学生実験や卒業研究でも、得られた実験結果やその考察を口頭あるいはポスターで発表してもらうことで、実験内容や結果を整理して理解すること、得られた結果を考察すること、そして自分の発表する内容を的確に他の人に伝えることを訓練しています。

講義中に内容を理解しているか、生徒に質問しどんな意見を持っているか確認します

キミへのメッセージ

リアルな世界でいろいろなことに挑戦し、何か熱中できるものを見つけよう!

様々な人やモノと直接関わるリアルな世界で多くのことに挑戦し、その中から自分の熱中できるものに一生懸命打ち込んでください。それがバイオサイエンスに関わることであれば、是非我々と一緒に研究しましょう!

中村 卓先生

専門分野/生物有機化学、タンパク質工学
研究/酵素、コンピュータシミュレーション、有害物質分解、有用物質生産
学生の頃から、コンピュータ解析と実験の両面から研究に取り組み、現在は有害物質を分解する改変酵素の開発をめざす。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。独立行政法人理化学研究所、国立環境研究所研究員、山田科学振興財団長期派遣援助研究員(チェコ・マサリク大学)をへて、長浜バイオ大学へ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

長浜バイオ大学(私立大学/滋賀)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路