• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 静岡
  • 下田看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 和田 姫乃さん(看護学科/看護師)

静岡県認可/専修学校/静岡

シモダカンゴセンモンガッコウ

看護師になるという子どもの頃からの夢を今、かなえることができました!

先輩の仕事紹介

学生時代の先生、仲間たち、そして患者さんとの出会いを経て、念願の看護の道へ!

看護師
看護学科/2017年卒
和田 姫乃さん

この仕事の魅力・やりがい

神奈川県内にある総合病院の整形外科で働いています。手術直後は歩くこともできなかった患者さんが、徐々に回復して歩けるようになる。それをサポートしていく看護職にやりがいを感じています。元気になると、患者さんご自身も自然と笑顔になりますよね。だから私も、患者さんがとてもいい表情でご退院を迎えられることが、何よりも嬉しいです。現場に出て毎日患者さんと向き合う今、「解剖学」「病理学」「予防医学」など、学生時代よりも、もっと学ばなければならないことは山のようにあります。しかし命に携わる看護師は、中途半端な知識では務まりません。この人がいてくれてよかった。そう患者さんに感じていただける看護師でありたいです。

学校で学んだこと・学生時代

中学生の時に「ぜったいに、看護師になろう!」と決意して、医療コースがある高校に進み、その後、下田看護専門学校へ進学しました。しかし看護師になるための難関である「看護師国家試験」に向けての勉強は、本当に大変でした。途中で投げ出すことが嫌いな私は、意地でも看護師になると強く思ってはいたものの、勉強をすればするほど不安になったこともありました。この辛さを乗り越えられたのは、やはり下田看護のアットホームな雰囲気があったから。先生方や職員の皆さんがいつでも、あたたかく支えてくれて、学生同士も学年を越えて同じ夢をめざして一緒に頑張ることができました。そんな大好きな母校へは、今でも時折、顔を出しています。

下田看護のアットホームな雰囲気は、私の学生時代から変わりません。

この分野・仕事を選んだきっかけ

看護師をめざす上で転機となったのが、2年次から3年次にかけての実習です。総合病院でがんの終末期を迎えた患者さんを担当しました。ご本人への告知はしておらず、最低限必要な日常的な動作をする力も衰えていく中で、患者さんは退院を心待ちにしておられました。そこで私は車椅子を押して一緒に散歩へ出たり、今日はいい日だったねと話したり、看護実習生だった当時の私にできる限りのことをして寄り添いました。ここで私がしたことは、小さなことだったと思います。しかし最終日に患者さんとお別れする際、「私も頑張るから、和田さんも頑張ってね」と声を掛けてもらったのが本当に嬉しくて、看護師になることへの想いが一層強くなりました。

目標となる先輩もたくさんいる環境で、看護師としてキャリアを積んでいます。

和田 姫乃さん

湘南東部総合病院/看護学科/2017年卒/「仕事は、楽しいです!」と笑顔で答えた和田さんは、仕事内容や職業観について、熱い想いとともに語ってくれました。そんな和田さんですが、高校までは勉強が苦手だったそう。しかし、看護師という夢に向けて学んだ学生時代や、看護師としてなお学び続ける今は、「大好きな仕事のためなので、勉強はまったく苦ではない」といいます。「学生時代に積み重ねた実習経験はとても有意義なものでした。座学で学んだ知識が、現場に出て患者さんに関わった時に初めて体系だって見えてきます。だからこれから看護師をめざす皆さんも、実習の機会を大切にしてくださいね」と、アドバイスをくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

下田看護専門学校(専修学校/静岡)