• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • AST関西医科専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大立 有美さん(理学療法学科 Ⅰ部(昼間部)/理学療法士)

患者さんと接するときは、笑顔が大切。

先輩の仕事紹介

患者さんと寄り添い、身体だけじゃなく心も癒せる理学療法士に。

理学療法士
理学療法学科/2016年3月卒業
大立 有美さん

この仕事の魅力・やりがい

理学療法士として、病院に勤務しているので、入院患者さんだけではなく、外来やデイサービスの方も担当しています。担当する患者さんとは長いお付き合いになることも多く、様々な問題を、一つ一つ解決に導くために、細やかなサポートを行っています。一番のやりがいは、患者さんの状態が向上していく喜びを共有できることです。患者さんの状態が良くなったり、生活が豊かになって喜んでくれると、自分のことのように嬉しくなります。患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、様々な課題を解決に導けるように、技術を磨いていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代、テニス部に所属していたのですが、その時に腰を痛めてリハビリ治療を経験したのがきっかけで、理学療法士の仕事に興味を持ちました。私の担当の理学療法士の方が、悩みや苦しみを丁寧に聞いて理解し、解決に導く姿を見て感銘を受け、「私もこの仕事がしたい」と、強く思ったことを今でも覚えています。お世話になった病院に、母が勤務していたこともあり、リハビリに通いながら現場の方に様々なこと教えていただき、憧れが現実的な目標に変わっていきました。

コミュニケーションを大切に。患者さんと状態をしっかりヒアリング

学校で学んだこと・学生時代

病院などの現場実習が、1年次から学べる実習重視のカリキュラムに惹かれ本校を選びました。座学や実習といった充実した授業内容はもちろんですが、クラスに介護職を経験された方が多く、介護や医療の現場を知っている人から話を聞くことで、就職後のイメージがより具体的なものになりました。就職後、現場に出るようになり特に実感したのが、在学中に学んだ内科学などの内容がいかに重要だったかということです。外科的なケガや病気の患者さんでも、内科疾患を患っている方も多く、今でも在学中のノートを見返すことがあります。

患者さんのリハビリをしっかりサポート

大立 有美さん

医療法人 正清会 金剛病院/理学療法学科/2016年3月卒業/高校時代テニス部に所属。腰を負傷したことがきっかけで、リハビリ治療を経験し、理学療法士の仕事に興味を持つ。現在は、地域医療に根ざした医療法人 正清会 金剛病院で、理学療法士として勤務している。理学療法士として3年目を迎え、「学校で学んだ技術や知識をレベルアップさせていき、もっと多くの方を癒していきたい」と、意欲的に語った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

AST関西医科専門学校(専修学校/大阪)