• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京医療保健大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 和歌山看護学部
  • 看護学科

私立大学/東京・千葉・和歌山

トウキョウイリョウホケンダイガク

看護学科

定員数:
90人

和歌山県で初の私立看護大学で「地学・地就」を実現。看護実践力の高い看護師を育成

学べる学問
  • 看護学

    患者のケアを通して、よりよい生き方について学ぶ

    看護とは、人がもっている生命力を最大限に引き出し、自分らしく生きるためのサポートをすることです。看護学は、そんな看護の方法を、理論と実践の両面から探究する学問であるといえます。分野は人の発達段階によって、小児、成人、老人などのに分かれるほか、「基礎看護学」や「精神看護学」、「地域看護学」といった分野があります。大学では、1年次は、人を理解するために、哲学や心理学、化学や生物学など、幅広い教養を身につけます。学年が上がるとその学びは徐々に専門的になり、多くは、病院や診療所、福祉施設などでの実習を伴います。現場にでることでさらに知識を深め、技術を磨き、看護の方法を身につけていきます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 看護師

    患者の心身のケアに、医師の診療・治療介助。医療を最前線でサポート

    病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をする。最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきている。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められている。

  • 保健師

    保健指導を通して地域で暮らす人々の健康を守る、予防医療のエキスパート

    保健師は、保健所や保健センター、企業、病院、学校に勤務し、健康相談・保健指導などを通して、地域の人々の健康を支える活動をします。看護師の仕事が病気の患者さんの治療・回復をサポートすることである一方、保健師の仕事は、病気になる人を1人でも少なくするための「予防」や「対策」がメインになります。保健師として働くためには、看護師免許と保健師免許、2つの国家資格の取得が必須条件。卒業と同時に2つの国家試験受験&合格を目指せる4年制の大学や専門学校に入学するほか、看護師免許を取得した後に1年制の保健師養成学校で保健師免許の取得を目指すことでも、保健師としてのキャリアをスタートすることができます。

初年度納入金:2019年度納入金 190万2000円 
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用し、講義・演習・実習を実施
これまでの看護学教育の実績を活かし、確かな知識・技術を習得する教育を展開。日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用し、講義・演習・実習を有効に組合わせて看護実践能力を高めます。また、多職種がかかわるチーム医療において、中心的役割を担うことができる看護職を育成します。

カリキュラム

地域における看護サービスの提供など病院外での看護実習も経験。人と地域を支える看護職を育成
日本政府は従来の病院完結型医療から、医療・ケアと生活が一体化した地域包括ケアを推進。そこで地域と連携した実習にも力を注いでいます。地域における看護サービスの提供など病院外での看護実習を経験し、その状況に合わせて判断し実践する能力を高めます。

先生

日本赤十字社和歌山医療センター、和歌山県内外の大学等との連携による指導体制
臨床経験や確かな技術を持つ教員に加え、県内外の大学等からも様々な分野の講師を招き指導にあたることが特長です。さらに、日本赤十字社和歌山医療センターの医師・看護師などの医療専門職とも連携・協働し、患者さんへのかかわりかたを通し、継続看護のあり方を学ぶなど、地域医療に密着した教育指導を行います。

実習

日本赤十字社和歌山医療センターと連携病院を中心に4年間を通して臨地実習を開講
4年間を通して臨地実習を開講。主な実習先となる日本赤十字社和歌山医療センターは、3~4年次に通うキャンパスと隣接しており日常的に医療現場を肌で感じることができます。また「わかやま学」と称し和歌山の地域社会を理解した上で多様な環境・対象に対応できる力を養うため、連携病院の事例を基に講義・演習を行います。

設立の背景

日本赤十字社和歌山医療センターと和歌山県、和歌山市との連携のもと開設
東京医療保健大学は平成17年に、医療保健学部の1学部3学科で開設。平成22年には、東が丘・立川看護学部を設置し、臨床看護学・災害看護学コースの2コースを有しています。和歌山看護学部は、日本赤十字社和歌山医療センターと和歌山県・市との連携のもと、3者のバックアップで学びをサポートし奨学金制度も充実しています。

制度

担当アドバイザーが学生生活や国家試験、進路相談をサポート。無料でノートパソコンも貸与
少人数に分けたグループを担当するアドバイザーが、4年間を通して学生生活や国家試験、進路相談などをサポートします。また、学生が主体的に将来を描けるように、入学後から「キャリア教育」の授業を設置しています。入学時には、ノートパソコンを全学生に1台ずつ貸与。4年間を通してパソコンを効率的に活用できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 養護教諭免許状<国> (1種・2種/選択制(開設時期が変更になる場合あり))

受験資格が得られる資格

  • 看護師<国> 、
  • 保健師<国> (選択制)

就職率・卒業後の進路 

看護師、保健師、養護教諭や、教育者・指導者・研究者として多岐に渡る分野に進むこともできます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒640-8247 和歌山県和歌山市東坂ノ上丁3番地
TEL 073-435-5819

所在地 アクセス 地図・路線案内
雄湊キャンパス : 和歌山県和歌山市東坂ノ上丁3番地
(1~2年次)
JR「和歌山」駅よりバスで約8分「県庁前」で下車、徒歩7分
南海電鉄「和歌山市」駅よりバスで約4分「県庁前」で下車、徒歩7分
JR「和歌山」駅よりバスで約8分「小人町」で下車、徒歩2分
南海電鉄「和歌山市」駅よりバスで約4分「小人町」で下車、徒歩2分
南海電鉄「和歌山市」駅より徒歩約14分

地図

 

路線案内

※ 3~4年次
日赤和歌山医療センターキャンパス(平成32年4月開設予定)
〒640-8269 和歌山県和歌山市小松原通4丁目20番地


東京医療保健大学(私立大学/東京・千葉・和歌山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る