• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京医療保健大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 矢出 翔子さん(和歌山看護学部 看護学科/看護師)

看護師の仕事につながる学び

右へ
左へ

グループ活動等、大学生活で培った協調性を生かし、病院の看護師に内定

看護師として必要な協調性や人に寄り添えるコミュニケーション能力をどのように習得し、看護師への内定に繋げたのか? その大学生活での経験を中心に、矢出さんにお話しをお聞きしました。

看護師
和歌山看護学部・看護学科 卒業予定
(2022年3月卒業予定)
矢出 翔子さん
  • 日本赤十字和歌山医療センター内定
  • 和歌山県 那賀高等学校 卒
大学生活の中で協調性を身につけることができました。

グループワークで協調性を磨き、演習を通じて患者様主体の看護力も習得。

授業でも実習でもグループワークが多く、チームで情報共有や意見交換を活発に行い、協力して取り組む力が身につきました。また、学内の多くの演習の中で、学生自身が患者役を演じる事で、患者様の立場に立って、一つひとつの声掛けや行動を意識して看護ケアを行ったり、個々の患者様の特性に応じたコミュニケーションがとれるように工夫する力も身につける事ができました。

チームメイトと意見交換を行いながらグループワークを進めます。

右へ
左へ

大学の先生のお誘いで、内気な私が学外プロジェクト研究のリーダーに!

コンソーシアム和歌山のプロジェクト研究ではリーダーに。

実習でのさまざまな経験をクラスメイトと共有します。

大学の先生のお誘いで高等教育機関コンソーシアム和歌山のプロジェクト研究に参加しリーダーを務めました。その中で、メンバ一人ひとりのサポートを大切に、皆で協力して取り組む協調性を身につける事ができました。初めての実習は、患者様は発語が困難な方でした。そこで、患者様の病態に合わせた立ち位置や姿勢を工夫し、ゆっくり傾聴する事を心がけたら、「話を聴いてもらえて気持ちが楽になった!」という言葉を頂きました。

感謝の気持ちや礼儀をわきまえ、患者様の身心の苦痛を和らげられる看護師に!

看護職は患者様・ご家族の一番身近な存在であるため、その思いを尊重しながら看護をする事が必要だと思っています。そして、実践していくために、チーム医療の中で協調性を発揮していきたいと考えています。 病態や治療等を主体的に学び、患者様を理解した上でのコミュニケ―ションをとる事によって、 患者様やご家族の個々の苦痛やニーズに応じた質の高い看護を提供していきたいです。

患者様が快適に過ごせる様にベットメイキングにも力が入ります。

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京医療保健大学(私立大学/東京・千葉・和歌山)
RECRUIT