• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 東京
  • 首都大学東京
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 都市環境学部
  • 都市基盤環境学科

公立大学/東京

シュトダイガクトウキョウ

都市基盤環境学科

定員数:
50人

自然や環境と共生し、安全で豊かな社会基盤を創造する「市民のための工学」を学ぶ。

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    高校の教科としてもおなじみの地理学。気候や地形のほか、動植物の分布や水の循環過程などを対象とする「自然地理」と、文化や歴史、民族、経済などを対象とする「人文地理」、地域それぞれの地理的要素を深く掘り下げていく「地誌」の3分野があります。カバーする範囲が広く、幅広い興味にこたえる学問です。地理学の醍醐味はなんといってもフィールドワークです。現地に住み込んで、その土地の自然や人の生活を体験しなければ、その関係性は見えてこないからです。海外をフィールドにする場合、時間や言葉など制約はありますが、とにかく行ってみることに重きをおくところから地理学の学習が始まるのです。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

初年度納入金:2019年度納入金 80万2800円  (東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

学科の特長

学ぶ内容

自然や環境と共生する建造物を考える、総合的な視野と素養を磨く
交通・物流・ライフラインを学ぶ「社会基盤分野」、地圏・水圏・大気圏環境を学ぶ「環境システム分野」、自然災害の解明や地域の安全確保を考える「安全防災分野」という3分野を設置し、未来を担う専門家を育成。さらに細分化され、都市や環境にまつわる様々なテーマを見つけることができます。

カリキュラム

入門から実習・セミナー・野外調査と、積み上げ方式で学ぶカリキュラム
1・2年次は「構造力学」「土質力学」「水理学」など、広範な技術分野の基礎学問を全員が履修。3・4年次になると、図学演習や情報処理、実験科目なども多く取り入れており、3年次には3泊4日の測量学実習、また都庁や建設業界でインターンシップ(企業研修)が、さらに4年次には、マンツーマン指導による特別研究を行います。

実習

都市のインフラを計画・設計・デザインする『社会基盤計画デザイン実習』
都市における社会基盤施設がどのように計画されるのか、具体的設計、構造物完成後の効果・影響分析まで、仮想プロジェクトを通じて学びます。現地調査や現実味のある提案を行うための議論、パース・模型・パンフレットの作成やプレゼンテーションを通して、専門知識を深めるとともにグループワークの力も養います。

教育目標

高校時代に夢中になった数学や理科。その力を応用、発展させ、環境を考えよう
本学科の学びの基礎となる数学と物理(力学)について十分な基礎学力を修得し、その上で都市、環境、自然災害に興味を持ち、人の役に立つこと、そして自然や都市の共生を考えることのできる人材を育成します。研究者、技術者、コンサルタント、あるいは建設業界や公務員などと幅広い分野で活躍できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 測量士補<国>

受験資格が得られる資格

  • 技術士補<国> 、
  • 技術士<国> 、
  • 測量士<国> 、
  • 土木施工管理技士<国> (一級・二級)

RCCM(シビルコンサルティングマネージャ)、土木学会認定技術者資格(特別上級、上級、一級、二級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    安藤・間、応用地質、鹿島建設、首都高速道路 、 大成建設、西日本高速道路、パシフィックコンサルタンツ 、 一建設、東日本高速道路、八千代エンジニヤリング、神奈川県庁 、 相模原市役所、静岡県庁、仙台市役所 、 東京都庁 、 八王子市役所 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※進学:首都大学東京大学院、東京工業大学大学院 ※本学科の前身となる「都市基盤環境コース」の情報

入試・出願

入試一覧
合格難易度

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
南大沢キャンパス : 東京都八王子市南大沢1-1 京王相模原線「南大沢」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


首都大学東京(公立大学/東京)