• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 東京
  • 首都大学東京
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 都市環境学部
  • 観光科学科

公立大学/東京

シュトダイガクトウキョウ

観光科学科

定員数:
30人

“観光を科学する”ことで、地域の魅力や価値を発信できる人材を育成。

学べる学問
  • 地理学

    産業や自然環境から地域の特質を解明する

    高校の教科としてもおなじみの地理学。気候や地形のほか、動植物の分布や水の循環過程などを対象とする「自然地理」と、文化や歴史、民族、経済などを対象とする「人文地理」、地域それぞれの地理的要素を深く掘り下げていく「地誌」の3分野があります。カバーする範囲が広く、幅広い興味にこたえる学問です。地理学の醍醐味はなんといってもフィールドワークです。現地に住み込んで、その土地の自然や人の生活を体験しなければ、その関係性は見えてこないからです。海外をフィールドにする場合、時間や言葉など制約はありますが、とにかく行ってみることに重きをおくところから地理学の学習が始まるのです。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2019年度納入金 80万2800円  (東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

学科の特長

学ぶ内容

3領域を設定し、多様な視点から観光を科学的に探究
自然環境マネジメント領域では、自然環境を利用する観光において、生態系の保全と開発のバランスの最適解を探究。地域計画・マネジメント領域では、地域で生まれる文化を観光資源として活用する手法を研究。行動・経営科学領域では観光関連企業・組織が観光者のニーズに合ったサービスを提供するための方法を探究します。

カリキュラム

実際の地域・観光地に赴くフィールドワークを豊富に実施
「まちづくりや自然の適正利用」を支えるための、観光の広範かつ専門的な知見を修得するとともに、調査手法や分析手法などの技術も学びます。実際の地域・観光地をフィールドとした研究・教育を行うことも特色の一つ。東京都が平成20年に創設した『ECO-TOPプログラム』の第一号認定校として有する知識も学べます。

授業

実際の行政機関とも連携したグループワークで、課題解決力を実践的に育む
『観光科学プロジェクト演習』では、PBL(Project Based Learning)を実践。行政機関などに協力を得て実践的なグループワークを行い、地域が抱える課題に対して学生主体で企画・調査・分析・評価・提案などに取り組みます。

教育目標

理系分野の学問をベースに、地域の発展に貢献するための教育・研究を行う
自然環境マネジメント領域、地域計画・マネジメント領域、行動・経営科学領域という3つの学問領域を設定。工学や理学といった理系分野をベースに、「観光を科学する」ことを目標とした学科です。観光を活用した地域の魅力や価値の向上、地域経済の向上など、地域の発展に貢献するための教育・研究を行います。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国>

ECO-TOPプログラム、地域調査士

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    エイチ・アイ・エス(H.I.S.)、クラブツーリズム 、 ネクセリア東日本、国土交通省(航空管制官) 、 東京都特別区(目黒区) ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※進学:首都大学東京大学院、東京工業大学大学院他 ※前身となる「自然・文化ツーリズムコース」の情報

入試・出願

入試一覧
合格難易度

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
南大沢キャンパス : 東京都八王子市南大沢1-1 京王相模原線「南大沢」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


首都大学東京(公立大学/東京)