• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 首都大学東京
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システムデザイン学部
  • 電気通信システムコース

公立大学/東京

シュトダイガクトウキョウ

電気通信システムコース

エネルギーと通信、情報ネットワークを融合した学びで、次代の社会基盤づくりに貢献できる人材を育成。

学べる学問
  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

初年度納入金:2019年度納入金 80万2800円  (東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

学科の特長

学ぶ内容

電気通信分野の学問を軸に、学際的な学びを実践
「エネルギー情報システム領域」「通信システム領域」「情報ネットワークシステム領域」の3つを教育・研究の軸として、電気・電子の材料とその特性、電磁気学、電気電子回路、制御理論、エネルギーの変換・制御、情報通信、情報処理に関する分野を学ぶと同時に、それらの周辺分野や、領域を越えた新しい学問を学びます。

カリキュラム

学習・研究の土台を築いたのち、領域専門科目で高度な知見を獲得
2年次前期まで教養科目や、専門教育科目のコース導入科目などを履修。2年次後期から興味に合わせて「情報システムコース」「電気通信システムコース」のどちらかを選択します。3年次後期にはカリキュラムの柱である領域専門科目を学び、4年次には電子情報システム工学特別研究を履修して、学習・研究を深めていきます。

研究室

電気の技術で細菌をコントロール。食品衛生管理や医療分野での技術活用を目指す
電気回路や半導体、電力システムなどの電気的な技術を、別分野に適用することを探究する『マイクロ電気力学研究室』。電気的操作技術を利用して低コスト、短期間で菌体などをコントロールする技術などを開発しています。すでに検出装置の開発には成功。食品製造における衛生管理や、医療分野での活用が期待されています。

教育目標

主体的に課題の発見・解決を行い、多様な分野で活躍できるエンジニアを育成
電気電子通信システム技術は、人々の生活を支えるライフラインとしての電力供給から、情報通信機器、運輸、社会システム、医療・生命科学、宇宙開発、環境ほか、極めて多様な分野で不可欠とされる技術。幅広い分野において主体的に課題の発見・解決を行い、将来、指導的な立場で活躍できるエンジニアの育成を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 無線従事者<国> (第一級陸上特殊無線技士・第三級海上特殊無線技士)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アルファテクノ、インテック、SCSK、NTTデータアイ 、 東日本電信電話(NTT東日本)、エン・ジャパン、大塚商会 、 カネカ、キヤノン、協和情報開発、コムチュア、シャープ 、 新日鉄住金ソリューションズ、スタンレー電気 、 ソフトクリエイトホールディングス、ソルパック 、 大和証券グループ、千葉銀行、デンソー 、 東海東京フィナンシャル・ホールディングス、東急エージェンシー 、 東芝、東芝メモリシステムズ 、 トッパン・フォームズ・オペレーション、豊田通商、日放電子 、 日本航空電子工業、ヒップ、フジシステムズ、日本総合研究所 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※その他、大学院進学など ※本コースの前身「電気電子工学コース」「情報通信システムコース」等の実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
TEL 042-677-1111(代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
南大沢キャンパス : 東京都八王子市南大沢1-1 京王相模原線「南大沢」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

首都大学東京(公立大学/東京)