• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 東京
  • 首都大学東京
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • システムデザイン学部
  • 生体機械コース

公立大学/東京

シュトダイガクトウキョウ

生体機械コース

たとえば、生命を支え育む機械──。機械の進化を促す、新時代のエンジニアを育成。

学べる学問
  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

初年度納入金:2019年度納入金 80万2800円  (東京都民は66万1800円 内訳/入学金28万2000円 [東京都民はこの半額]、授業料52万800円)

学科の特長

学ぶ内容

医学・工学の分野の学問を学び、横断的・俯瞰的な視野を育む
「生体機械」は、高度に発展する生命科学を機械工学に採り入れ、医学と工学との連携(医工連携)を推進する新しい学問研究分野。「医用工学・生体工学」「人間工学・福祉工学」などの基礎や、機械システム工学に共通する学問を学ぶとともに、生命科学・工学に関する先進的な学問分野についても学修します。

カリキュラム

学んだ知識を応用し、新たな生体機械システムを創出できる人材を育成
「医用工学・生体工学」および「人間工学・福祉工学」に関連する学問領域の基礎、および機械システムに共通する学問を学び、さらに固有の専門分野について学びます。そのようにして学んだ知見を応用し、新しい時代の生体機械システムを創り出すことのできる技術者・研究者を育成します。

授業

生物の関節はなぜ低摩擦、低摩耗、高耐久なのか…その謎に迫る
長年の進化を経て今日を迎えた生物の、優れた構造や機能に着目したバイオトライボロジーは、人工関節などの開発にも貢献している学問。その分野について研究しているのが『生体機械応用実験(生体関節)』です。生体関節は大きな負荷を受けながら80年以上の耐久性を有します。その優れたメカニズムを探究していきます。

教育目標

暮らしやすい社会の構築に貢献できる、創造性豊かな人材を育てる
高レベルな健康維持および医療支援をし、安全・安心で持続可能な社会を構築するために、新時代に対応した機械システムの開発が求められています。本コースでは多様な学問領域の基礎を教育することにより、理想的な社会の構築に貢献する機械システムを創り出すことのできる、創造性豊かな人材を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    本田技研工業、SUBARU、日産テクノ、オリンパス、ダイキン工業 、 シャープ、SMC、NTTコムウェア、オープンハウス、クリエイション 、 スカパーJSAT 、 ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ 、 大和証券グループ、ディ・コンプレックス、デンソートリム 、 東芝メモリ、豊田自動織機、ナブテスコ、日本国土開発 、 日本シューター、日本電産、三井金属エンジニアリング 、 三井造船、明電舎、LIXIL、リベル・エンタテインメント 、 ルネサス エレクトロニクス、YSK e-com 、茨城県 、 横浜市役所 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

※その他、大学院進学など ※本コースの前身となる「機械工学コース」「知能機械システムコース」の情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6
TEL042-585-8606

所在地 アクセス 地図・路線案内
南大沢キャンパス : 東京都八王子市南大沢1-1
(1・2年)
京王相模原線「南大沢」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

日野キャンパス : 東京都日野市旭が丘6-6
(3・4年)
JR八高線「北八王子」駅から徒歩 15分
京王線「京王八王子」駅からバス・徒歩25~40分
JR中央線「豊田」駅からバス・徒歩15分
JR中央線「豊田」駅から徒歩 20分
JR中央線「八王子」駅からバス・徒歩25~40分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

首都大学東京(公立大学/東京)