• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岩手
  • 盛岡公務員法律専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 斉藤 平さん(公務員ビジネス科/国家公務員)

もっと多くの業務に携わりたい。毎日が勉強です!

先輩の仕事紹介

専門学校で身につけた法律の知識は、仕事を進めていく上での基礎となっています

国家公務員
公務員ビジネス科行政II種中級コース 卒/2019年卒
斉藤 平さん

この仕事の魅力・やりがい

法務局の仕事のひとつである登記事務を担当し、国民の方から提出される登記申請について、調査等の事務を行っています。出生に関わる戸籍、亡くなられた後の相続登記、人権擁護、供託など人の一生涯に関わることができる仕事です。得た知識を新しい仕事にいかして自分にできる仕事がまた一つ増えたときにやりがいを感じます。また、社会的に問題となっている所有者不明土地問題は、放置すればさらに大きな問題となっていきます。現在、この問題に対応するために不動産登記法の改正も検討されているところです。経済活動の基盤である不動産登記の一端を担うことは、非常にやりがいを感じますし、日々入念な確認を行いながら業務を行っています。

分野選びの視点・アドバイス

国民の方と接する機会が多くあるので、挨拶や連絡などの接客・コミュニケーシ ョンは必須です。また、国という大きな規模での仕事なので、ミスを起こすことのないよう、最後まで確実にやり遂げるという責任感を持って仕事をしています。学生時代は社会に出る前の最後の時間。後悔のないよう様々なことに全力で取り組んでください。私は国家公務員大卒程度試験への合格を目標にし、普段から小さなことでも目標を意識して行動し、達成することができました。勉強と息抜きの切り替えを大切にすることも、2年という限られた時間で効率的に点数を上げるために必要な習慣だと思います。

新たな知識をたくさん身につけて仕事がしたい!

学校で学んだこと・学生時代

答えを覚えるのではなく、なぜそうなるかの理屈・根拠から学ぶこと。物事を根本から深く考えることによって、勉強そのものが楽しくなり、知識を身につけることに積極的に取り組むことができるようになりました。教えてくれる先生たちも、難しい法律用語などはしっかりかみ砕いて分かりやすく説明してくれますし、何より授業を受けていて楽しいと思えたことが、公務員試験対策をするモチベーションにつながりました。分からないことはその日のうちに質問に行き、丁寧に対応してもらえる環境で、苦手な分野も克服することができました。

ミスを起こさないよう確認作業は入念に行います

斉藤 平さん

盛岡地方法務局二戸支局 勤務/公務員ビジネス科行政II種中級コース 卒/2019年卒/大学卒業程度の資格試験が受験できるカリキュラムがあった盛岡公務員法律専門学校に進学。1年生の時に、幅の広い業務を行なっており、ニュースで取り上げられるような所有者不明土地問題や無戸籍者問題の解消に取り組んでいることに魅力を感じ目指す進路を決定。「所有者不明土地問題など様々な問題の解消に取り組みたい。そのためにも、常に勉学に励み知識を習得していきたい」と語る斉藤さん。日々、国民の一生涯に関わる業務に実直に取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
先輩の仕事について学ぶ
盛岡公務員法律専門学校(専修学校/岩手)