• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪河崎リハビリテーション大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 原 和人さん(リハビリテーション学部 リハビリテーション学科理学療法学専攻/理学療法士)

私立大学/大阪

オオサカカワサキリハビリテーションダイガク

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

人と接する事が出来て、やりがいを感じられる職業です

先輩の仕事紹介

患者様や利用者様が元気になるためのお手伝いができる、やりがいある仕事です

理学療法士
リハビリテーション学部リハビリテーション学科理学療法学専攻/2016年卒
原 和人さん

この仕事の魅力・やりがい

理学療法士として、病院での入院患者様や通所リハビリテーションの利用者様とリハビリテーションを行い、機能回復や能力低下予防等を行っています。大変なことも多いですが、患者様や利用者様とリハビリを行い、少しでも良くなり「ありがとう」と言われるとやってきて良かったと思います。また、寝たきりだった患者様がしっかり椅子に座り、食事や会話をすることが出来るようになり、ご家族の方にも大変喜んで頂けたときには、凄く嬉しく、やりがいを実感しました。今後は、リハビリの質の向上を目指すのはもちろん、現在はリーダーとして業務を行っているので、現場の声を役職者等に伝え、さらに働きやすい職場環境を作っていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校2年生の頃、元々、人と接するのが好きだったこともあり、やりがいを感じられる職業と感じ、理学療法士の仕事に興味を持ち始めました。大阪河崎リハビリテーション大学を選んだのは、先輩が優しく、分からないことを何でも相談しやすい環境があったから。また、教育にも力を入れており、卒業後のチームアプローチとして、他職種の考え方が学生の内に学べることが一番魅力に感じました。卒業生が全国で活躍されており、臨床実習では様々な病院・施設で学ぶ事ができたので、この大学で学び、理学療法士を目指そうと決めました。

連携を図る為にはコミュニケーションが大事

学校で学んだこと・学生時代

大阪河崎リハビリテーション大学ではリハビリテーションに不可欠な理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻の3つが揃っており、学生の内に他職種の内容やアプローチ方法などを学ぶことが出来ます。臨床実習では実際に患者様と関わらせて頂く中で、少しでも学んだ事を活かす事が出来るように、知識や技術を身に付け、自己学習を怠らないように取り組みました。学校での勉強は、覚えることも多く大変でしたが、国家試験の合格に向けて、それぞれお互いに教えあい、苦手分野の克服をすることで、全員で国家試験の合格を目指すことができました。少人数制なので、授業で分からないことがあれば、すぐに先生に聞ける点も魅力でした。

少しでも働きやすい職場環境を作りたいです

原 和人さん

医療法人康生会泉佐野優人会病院勤務/リハビリテーション学部リハビリテーション学科理学療法学専攻/2016年卒/「理学療法士は高齢化が進むなかで、必要な職種だと思います。また、健康寿命をのばしていくために、予防として地域の住民の方に、運動指導などの必要性もでてきており、様々な場面で求められていく分野だと考えています。様々な学校が現在ありますが、自分自身が目指すセラピスト像と卒業後のセラピスト像などを考えてみると良いかと思います。」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪河崎リハビリテーション大学(私立大学/大阪)