• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪河崎リハビリテーション大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 日根野谷 啓樹さん(リハビリテーション学部 リハビリテーション学科作業療法学専攻/作業療法士)

私立大学/大阪

オオサカカワサキリハビリテーションダイガク

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

患者様の気持ちに寄り添うことを心がけています

先輩の仕事紹介

一緒に目標を共有し、取り組むことができた時にやりがいを感じます。

作業療法士
リハビリテーション学部リハビリテーション学科作業療法学専攻/2016年卒
日根野谷 啓樹さん

この仕事の魅力・やりがい

がん、救急、周産期を中心に地域の中で高度な急性期医療を実践している病院で、作業療法士として脳卒中や整形疾患、がんの患者様などさまざまな疾患の方に対して精神面への視点も持ちながら日常生活動作の支援を行っています。作業療法士としてやりがいを感じるのは、身体以外にも精神的な苦痛を持っておられる患者様から「来てくれたら安心するわ」とお声を頂いた時や、患者様のご家族から「先生にリハビリしてもらえてよかったです」と言ってもらえた時。しんどくてリハビリができない時には、その日の体調面だけでなく気分など心理面についても尋ね、患者様の気持ちに寄り添って話を聞くことを必ず心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代に野球をしていて骨折し、手術をしたことがきっかけでリハビリテーションに関わる様々な仕事があることを知りました。自分も誰かを支え、人の役に立てる職業に就きたいと考えるようになり、進路を決める際に調べていく中で、作業療法士を見つけ興味を持ちました。作業療法士は障害を問わず日常生活に支援が必要なすべての人に対して体だけではなく、心のサポートも出来ることに魅力を感じました。大学時代の臨床実習でお世話になったのが今の職場で、ご指導頂いた先生方の患者様に対する態度や知識を間近で学び、自分の将来の目標として尊敬することができたため「ここで働きたい。」という思いを持ちました。

リハビリは1対1で患者様と接することが多い仕事です

学校で学んだこと・学生時代

園芸療法士の資格を取れることに魅力を感じ、大阪河崎リハビリテーション大学を選びました。リハビリテーション学科の中に理学療法・作業療法・言語聴覚の三専攻すべてがあるため、作業療法だけでなく他職種についても知ることができます。臨床実習前には、実習で少しでもできることが増やせるようにと、クラスみんなで協力して関節可動域、筋力、運動麻痺、感覚などの測定、評価方法について授業を振り返りながら実習に向けて勉強に取り組みました。また、学生親睦会に入ったことで先輩後輩や先生と関わりを持つことが多くなり、人前で考えをまとめて話す機会が増えました。その事が実習等でのコミュニケーションに役立ったと思います。

実習等でのコミュニケーションが役立っています

日根野谷 啓樹さん

社会医療法人生長会 ベルランド総合病院勤務/リハビリテーション学部リハビリテーション学科作業療法学専攻/2016年卒/「学生生活のエピソードなど、実際の話を聞くことでイメージが明確になるため、入学してからのギャップが少なくなると思います。その為にも、オープンキャンパスに積極的に参加し、先生方や先輩の印象や大学の雰囲気が自分にあっているか確認してみてください。」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪河崎リハビリテーション大学(私立大学/大阪)