• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪河崎リハビリテーション大学
  • 先生・教授一覧
  • 井上 貴雄先生(作業療法士)

私立大学/大阪

オオサカカワサキリハビリテーションダイガク

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

こんな先生・教授から学べます

脳の働きも考慮に入れた作業療法支援を教えてくれる先生

作業療法士
リハビリテーション学部 
井上 貴雄先生
先生の取組み内容

私は作業療法士として精神障害リハビリテーションの現場で患者さまの支援をしてきました。その中でも認知機能(脳がどれだけ働くか)や認知(脳がどのように解釈するか)に焦点をあてたリハビリテーション手法を学び、実践し、研究のテーマにしてきました。精神疾患患者さまへの支援ではその人の苦しさを理解し、気持ちに寄り添うことはもちろん大事ですが、一方で、最近では脳の活動性を高めたり、柔軟な反応を引き出したりしやすくできるような精神療法や心理療法が開発されてきています。このことは、これまで以上に患者さまに提供できる支援の幅が広がり、作業療法士として活躍できる場が増え、また持続可能な社会づくりのためにも重要性が高まっているのだと考えています。ぜひ、本校で脳の働きも考慮に入れた作業療法支援について学んでください。

よりよく生きられるようにサポート出来る効果的なリハビリテーションの支援を確立していきたいです

授業・ゼミの雰囲気

学生の皆さんには知的好奇心を満たしつつ、学んでもらいたい!

授業では患者さんと関わる為の基本的な知識やスキルの獲得から、日々更新される新しく効果的な治療方法についても実際に体験できる場を設定しながら学んでもらえるよう考えている井上先生。認知機能や認知(脳の働きや反応の仕方)面に焦点をあてた、医師の指導の下で行う治療は楽しく学べる方法論も確立され始めており、楽しく経験してもらいながらも、そうした知識を自分自身や身近な大切な人との関りにも活かしてもらえればと語ってくれた。ただ知識を詰め込む勉強をするよりも、経験しながら学べる機会を大事にしている先生です。

臨床場面や研究で使用する検査も丁寧に教えています

キミへのメッセージ

どんな患者さまにも胸を張ってリハビリテーションを担当できる作業療法士に

学生さんにはぜひ、自分の患者さまだけではなく、自分や自分の大切な人との関りにの際にも自信をもって活かせられるようなリハビリテーションを提供できる『作業療法士』になってほしいと考えています。

色んな価値観を許容できるよう、多くの人と関わりながら人間性を高められる経験を積んでいってほしいです。

井上 貴雄先生

専門/精神障害作業療法学、認知機能障害
北海道大学を卒業後、同大学院で修士課程、博士課程修了。北海道大学病院で精神障害作業療法部門のリハビリテーションに携わる。その後、北海道大学大学院保健科学研究院の助教を経て、2020年6月より大阪河崎リハビリテーション大学の講師として着任し、精神障害作業療法学やそれに伴う評価学など精神障害領域の授業、実習を担当している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪河崎リハビリテーション大学(私立大学/大阪)
RECRUIT