• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪河崎リハビリテーション大学
  • 先生・教授一覧
  • 和田 英嗣先生(言語聴覚士)

私立大学/大阪

オオサカカワサキリハビリテーションダイガク

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

こんな先生・教授から学べます

言葉やコミュニケーション障がいをもった方を支援する先生

言語聴覚士
リハビリテーション学部 
和田 英嗣先生
先生の取組み内容

人間にとって自然な言語獲得・訓練をベースに有効な言葉のリハビリは何かを研究しています。これは、高校生の時に考えたことがエネルギー源となっています。当時、将来は「人と直接関わる仕事で役に立ちたい」と考えていた私に進路指導の先生が言語聴覚士を勧めてくれました。正直、具体的にどんな仕事をするのかイメージはできていませんでしたが、「言葉やコミュニケーションに障がいをもった方を支援する仕事」というフレーズに心動かされたことを今でも覚えています。高校生ながら人間が生きていく上で言葉やコミュニケーションは欠かすことのできない、とても大事なことであると直感していました。言葉やコミュニケーションは分かるようで分かりにくいもの。だからこそこの分野は発展途上であり、これから更なる研究や進展が必要だと考えています。

言葉やコミュニケーションのリハビリは発展途上だからこそやりがいのある分野です

授業・ゼミの雰囲気

言語聴覚士は病気や障がいに関する知識以外にも幅広い関心と知識をもつことが必要

和田先生が主に担当している授業は成人の構音障がいや摂食嚥下障がい。例えば、構音障がいとは運動としての話しことばの問題により、音声言語(聞く、話す)のやり取りに支障がでて、コミュニケーションが十分行えない状態をいいます。しかし、言葉を話すためには単に口や舌の運動が出来れば良いわけではなく、それを理解する為にまず人間全体のことを勉強していきます。解剖学や生理学、心理学や社会福祉学といった分野についての授業もあり、専門的な知識を身につける前に人間の土台となる基礎的な勉強をしっかり取り組めます。

まずは人間の土台となる基礎的な部分について知ることが大事です

キミへのメッセージ

本学で一緒に学び、社会の一員として貢献できる力を身につけましょう!

言語聴覚士は医療分野の中では歴史が浅く、資格を持っている方はまだ少ない状態です。しかし、世の中には言葉やコミュニケーションで困っている方はたくさんいるので、これから更に求められる職種になると思います。

現在は地元の社会人チームでソフトバレーをしている。健康と運動を大事に一生現役を目指したいと語る。

和田 英嗣先生

専門/成人の言語障害、構音障害、摂食嚥下障害
大阪河崎リハビリテーション大学を卒業後、実習先の「さくら会病院」に就職。急性期・回復期リハビリテーションを実践後、在宅で行うリハビリテーションに興味を持ち訪問看護ステーションに転職。その後、新潟リハビリテーション大学大学院で修士号(リハビリテーション医療学)を取得。現在は本学で教員をしながら訪問リハビリや介護老人保健施設、病院で臨床と研究を実践している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪河崎リハビリテーション大学(私立大学/大阪)
RECRUIT