• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪河崎リハビリテーション大学
  • 先生・教授一覧
  • 今井 亮太先生(理学療法士)

私立大学/大阪

オオサカカワサキリハビリテーションダイガク

「崎」の右側のつくりは実際には”奇”ではなく”竒”です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

こんな先生・教授から学べます

理学療法の基礎である評価法のひとつを教えてくれる先生

理学療法士
リハビリテーション学部 
今井 亮太先生
先生の取組み内容

現在は、“痛み”を中心に研究を行っています。なかでも手術後の痛みが長引き、慢性化しないようにどのような評価をし、理学療法をどのように展開していけばよいのか、また臨床現場で簡易に予後予測が可能な統計手法の開発を試みています。“痛み”は、直接的に感じる痛みだけではなく、痛みによって引き起こされる不安や恐怖といったものや経験時の痛みの記憶なども“痛み”として定義され、世界的な問題となっています。こうした皆様が感じる“痛み”について少しでも問題解決ができればと考えています。さらに、慢性腰痛患者さまの痛みによる運動恐怖を減少させるとともに、運動機能を向上させるための、Virtual Realityを用いたリハビリテーションによる新たな運動療法プログラムの開発なども精力的に進めています。

痛みがあったとしても幸せに生きていける社会を作っていきましょう!

授業・ゼミの雰囲気

座学で知識を学んでから実習で技術を深めていきます

理学療法士は、筋骨格系疾患、脳卒中だけでなく様々な疾患を担当するので、それに応じて、評価を実施し、理学療法を提供します。今井先生は、筋力がどれくらいあるのか、関節がどれくらい曲がるのかなど、理学療法を実施する上で必要不可欠な「評価学」といった科目を担当。検査の目的や手順を学び、理学療法士の資格を持つ教員の指導のもと、実習でスキルアップしていけます。

笑顔につながるリハビリをめざして指導しています

キミへのメッセージ

一緒に未来の明るい理学療法の世界を創りましょう!

本学はアットホームな雰囲気があり、学生と教員の距離が近いのが特徴です。国家試験や実習に向けての不安があっても全力でフォローをしていきます。心配せずに一緒に勉強していきましょう!

学生時代はフットサルに熱中!ケガで悩んでいた時に理学療法士を知り、志すようになったと語ってくれた。

今井 亮太先生

専門/疼痛学、運動制御、神経科学、社会心理学
畿央大学を卒業後、理学療法士として総合病院で運動器疾患や中枢神経疾患の急性期リハビリテーション医療に携わる。在職中に同大学院修士課程、博士後期課程修了。翌年、畿央大学で客員講師として大学院生の指導。「痛みに対するニューロリハビリテーションの応用」を専門とし、各学会での受賞歴多数。2019年4月より大阪河崎リハビリテーション大学へ助教として着任している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪河崎リハビリテーション大学(私立大学/大阪)
RECRUIT