• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岐阜
  • 岐阜医療科学大学
  • 先生・教授一覧
  • 杉山 剛志教授(微生物学・免疫学)

こんな先生・教授から学べます

様々な感染症の予防に役立つワクチン技術の開発に挑む先生

微生物学・免疫学
薬学部 薬学科
杉山 剛志教授
先生の取組み内容

例えば、インフルエンザ予防接種では、ワクチンを体内に取り込み血液中の抗体をつくることで、重症化を防ぐことはできますが、病原体が体内に入ってくるのを防ぐことができません。粘膜は感染症を引き起こす病原体の入り口。ここで働く免疫が成立すれば病原体の侵入を防ぐことができ、感染症の予防に最も有用です。ネズミに腸管出血性大腸菌O157が感染する実験モデルでは、粘膜で働く抗体ができます。また、この抗体をできなくすることも可能です。粘膜で働く抗体はどんな時に作ることができるのか。そのメカニズムの解明に取り組み、様々な感染症を予防するワクチンに利用可能な粘膜アジュバント(抗体ができるのを助ける物質)の開発を目指しています。

細菌やウイルスの侵入を防ぐワクチンの技術は世界中で研究されていますが、まだ確立されていません

授業・ゼミの雰囲気

ビジュアル教材や自身の体験エピソードを用いて、印象に残る講義を心掛ける

多くの知識を得るには、いかに効率よく勉強するかがポイント。講義では、写真・動画などのビジュアル教材を使い、教授自身が経験した疾患を治癒するまでのエピソードなど、具体的な事例や最近の話題を紹介して印象に残る講義を心掛けています。加えて、繰り返し復習ができるようにe-learningによる教材も提供し、「理解している=説明できる」をモットーに、わかったつもりにならないように注力しています。卒業研究ゼミでは、過去の知見と自分のデータをもとに論理的に考えられる能力を身に付けられるよう指導しています。

学生に伝わりやすい教え方の工夫をしながら薬学部をはじめ、保健科学部・看護学部の学生も教えている

キミへのメッセージ

未来の医療を支える薬剤師・薬学士の育成を目指します

薬学部卒業後の道は様々です。入学当初は漠然としていても、将来の夢や目標が定まれば、人はいつからでも変われます。薬学を学びながら目標を定め、社会に役立つ人に大きく成長して欲しいと思っています。

薬剤師は日本の医療を支えていく存在として、今後さらに活躍の場も広がり、大いに期待されています

杉山 剛志教授

<学歴>
名古屋市立大学薬学部製薬学科・薬学研究科博士前期課程、名古屋大学医学系研究科博士課程
<職歴>
愛知医科大学医学部(助手・講師)、岐阜薬科大学薬学部(准教授)、岐阜医療科学大学薬学部(教授)
米国メルクリサーチラボラトリー リサーチフェロー
◎趣味は合唱音楽・クラッシックを中心とした音楽全般(第九の合唱に参加)、スキー、パソコンのセットアップ、ベランダ菜園と多岐にわたる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

岐阜医療科学大学(私立大学/岐阜)