• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 専門学校 東京ビジネス外語カレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • グローバルビジネス学科
  • デジタル・ビジネスコース

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコース

定員数:
40人

DX(デジタルトランスフォーメーション)の時代を支える人材を育成!

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 事業開発

    会社にそれまでなかった新たなビジネスを提案し、立ち上げる

    民間企業などで、その会社にそれまでなかった新たなビジネスプランを考え、立ち上げる仕事。事業の仕組みづくり、コストや売上げ・利益のシミュレーション、営業活動を担当する社員の組織づくりなど、会議などで社内の承認を取りつつ実現させていく。

  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • 店舗開発・店舗プロデューサー

    新規出店のために、土地探しから店舗デザイン、施工に至るまで全てを執り行う

    新しく店や事務所を開く際、条件にかなう土地を探すことを始め、周辺の商業特性を調査したり、資金計算、用地交渉、店舗設計、設備手配、施工を管理するなどして開店までのサポートをする仕事。それぞれの専門家をコーディネートし進めていくケースが多い。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

初年度納入金:2021年度納入金 125万円  (2回による分納が可能です)
年限:2年制

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの学科の特長

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの学ぶ内容

次代をリードする「デジタルリテラシー」を修得する!
デジタル技術を活かして新たなビジネスやサービスが生まれる今、その力で人々の暮らしをより良く変えていくこと、それが「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。デジタル・ビジネスコースではこの先端ビジネスを体感型の授業を通じて学び、次代をリードするデジタルリテラシーを身につけます。
「経営感覚」と「国際感覚」を磨く!
企業で働く場合も、自ら起業する場合も、戦略的思考で課題解決に取り組む経営のセンスが欠かせません。そこで経営戦略を学び、実践的な課題解決力を育みます。さらに15以上の国と地域から学生が集うTBLのグローバルな環境のもと、英語力や異文化理解力、コミュニケーション力を養います。

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの授業

デジタルビジネスにおけるリスクマネジメントを学ぶ
ビジネス社会で進むリアルとバーチャルの融合を背景に、その有効性の活用だけでなく、システムの安定性の担保や個人情報保護といったリスクマネジメントが注目されています。「ITビジネスとリスク環境論」の授業では、リスクマネジメントの重要性とセキュリティ対策について学びます。
デジタルのトレンドを実践的に学ぶ
「デジタル・ビジネス・トランスフォーメーション」の授業では、デジタル技術の発展により生み出される可能性を、ケーススタディやインターンシップを通じて学びます。様々な業界で展開されるデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションがいかに企業価値を高め、社会貢献につながっているのか。それを実践的に学びます。

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    グローバルな視点で、最先端にふれることが次代をリードするカギに!好奇心を刺激する学びの数々

    デジタル・ビジネスの最先端を体感できるのが本コースの授業だ。企業人による講義をはじめ、実際のモノやサービスに触れる実地見学、プロジェクト型授業などを用意。提携する海外の大学とオンラインでつなぎ、現地の学生と英語で議論やプレゼンを行う授業も予定している。「イノベーションの変化が速い…

    専門学校 東京ビジネス外語カレッジの先生

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの卒業後

グローバルに活躍するDX人材を目指す!
国内外のグローバル企業への就職はもちろん、自ら起業してグローバルにビジネスを展開することが想定されます。また、海外大学と単位認定提携を結んでおり、TBLで取得した単位で編入学可能です。TBLの2年間を含めて最短トータル4年間での海外大学学士号取得、海外就職などグローバルに活躍できます。

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの留学

海外でデジタル技術の専門性を磨く!海外大学との連携を推進
デジタル・ビジネス業界で専門性をさらに高めたい方に対して、海外大学へ編入学が可能な連携を行っています。TBLが既に連携している海外大学をはじめ、新規に連携する海外大学に関しても編入学が可能となる連携を進めています。

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの学べる学問

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの目指せる仕事

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの資格 

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • ビジネス実務マナー検定 、
    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST

    AWS 認定 クラウドプラクティショナー試験、AAU 認定エッセンシャル RPA プロフェッショナル ほか

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの就職率・卒業後の進路 

グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの主な就職先/内定先

    海外進出支援コンサルティングファーム、不動産会社、商社、IT企業、自動車・電気機器・精密機器の製造販売等、外資系・日系企業への就職。そのほか、企業において新しい事業やサービスを企画し、DXを推進する役職、起業など、様々なチャンスが待っています。


※ 想定される活躍分野・業界

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ グローバルビジネス学科 デジタル・ビジネスコースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-13-13
TEL:0120-30-6446(入試広報センター)
E-mail/tbl@isi-global.com

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区南池袋1-13-13 「池袋」駅東口より徒歩6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

専門学校 東京ビジネス外語カレッジ(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT