• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 九州保健福祉大学総合医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 長倉 優希さん(看護学科/訪問看護師)

宮崎県認可/専修学校/宮崎

キュウシュウホケンフクシダイガクソウゴウイリョウセンモンガッコウ

利用者様からの診療報酬以上のケアを心がけています

先輩の仕事紹介

多職種の方と関わりながら、患者様やご家族の気持ちに寄り添う看護を心がけていきたい

訪問看護師
看護学科/2017年3月卒
長倉 優希さん

この仕事の魅力・やりがい

専門学校在学中に、病院や在宅での実習を経験する中で、私には訪問看護師が向いていると感じるようになりました。訪問看護師の仕事は、利用者様のご自宅や有料老人ホームなどに伺い、血圧・脈拍などを測り、状態を観察したり、薬の管理や入浴介助をしたりと、患者様のケア、ご家族とのやりとりが主な業務となります。看護師歴に関わらず、一人の看護師という立場で、責任を持って働けるところにやりがいを感じますね。各医療機関の医師や看護師、ケアマネジャー、施設職員、医療機器メーカーの方など、多職種と連携しながら働けるのも魅力だと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

訪問看護師になる前は、医療事務の仕事を3年ほど経験しました。その時、集中治療室の中で病棟クラークとして、事務的な業務やご家族とのやり取りをしていたのですが、患者様が困ったときに身振り手振り呼ばれても、医療事務の立場では何もできないもどかしさを抱えていたんです。時には、お亡くなりになる方もいて…。「もっと、患者様のためになる仕事がしたい!」、その思いが次第に膨らんでいき、看護師の道を志しました。訪問看護師という仕事があると知ったのは、専門学校の在学中。患者様やご家族が心から望む道をサポートできる在宅看護の魅力を知り、その道に進みたいと思うようになりました。

バイタルサインで患者様の状態を確認します

分野選びの視点・アドバイス

「患者様の役に立ちたい」という思いで医療分野を目指す方は多いと思いますが、その気持ちはとても大事だと思います。私も専門学校時代に在宅看護の実習を経験した際、ターミナルの利用者様を担当し、「その方が望む看護、生活を支える看護に携わりたい」と思うようになり、訪問看護師の道を選びました。仕事に真摯に取り組んでいくのはもちろん大事ですが、業務だけにとどまらない人間力も必要。患者様やご家族が本心で何を望んでいるのか、医療者側の意見を押し付けず、相手の気持ちを引き出すコミュニケーション力も求められます。看護師を目指す皆さん。国家試験合格に向けては、結果が第一。努力を忘れず、がんばってください!

移動中の車内も仕事場に。メモを取りながら電話対応

【自分の"やりたい"】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

長倉 優希さん

訪問看護 ろけっと★サテライト ひな田勤務/看護学科/2017年3月卒/医療事務として働いていたときに、患者様と直接関わりたいという思いが強くなり、「九州保健福祉大学総合医療専門学校」へ進学。看護師の道を志す。進学の理由は、「3年間で国家資格の取得が目指せること」「高い合格率」が決め手だったそう。現在は、「こどもとおとなの訪問看護ろけっと★ステーション」のサテライト事業所に勤務。後輩の指導にあたりながら、自らが志した看護師として、やりがいを感じながら働く日々。大事にしているのは、「誰のための支援なのかを常に考えること」。自分の看護観や一般論・理想論を押し付けず、対象者のニーズに沿う看護をめざしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

九州保健福祉大学総合医療専門学校(専修学校/宮崎)