• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 了徳寺大学
  • 他の在校生レポート一覧
  • 在学生に聞きました 理学療法学科その②

在学生に聞きました 理学療法学科その②

東洋大学附属牛久高等学校
深谷耕基さん 2015年度入学
Q. 了德寺大学に進学を決めた理由は?

A.学科数が少ないため、より専門性に特化した勉学ができると思いました。また、 一学科あたりの学生数が多いので、同じ目標を持った仲間が沢山いる中で切磋琢磨できると思いました。
オープンキャンパスで訪れた際、実習室や機材も充実しており、臨床の場に、より近い環境で学べる点も魅力に感じました。


Q. どのような学生生活を送っていますか?

A. 特に敬語とコミュニケーションには気を遣って生活をしています。小さな事ですが、目上の人には正しい敬語を使ったり、きちんとしたコミュニケーションをとることを心掛けています。理学療法士は人を相手にする職業なので、そういった力は日々の生活の中で養えるように努めています。
リハビリテーションはあくまでも患者さん本人が行うのであって、我々はそれを支援する役割です。相手に上手に「伝える」ことに重きを置くことで、質の高いリハビリテーションを行えると考えています。


Q. 自身の将来像を聞かせてください。

A.理学療法士を志すようになって以来、私はチーム医療の一員として貢献したいと思うようになりました。一人の患者さんに対し、医師や看護師、その他様々な医療従事者と共にチームアプローチが出来ればと思います。患者さんの病態を理学療法士としての視点だけで評価することなく、それぞれの専門分野の意見や考えも総合的に取り入れることが大切だと感じます。一つのことに囚われず、チーム医療によって多方面から患者さんをサポートし、患者さんの希望を叶えられるような柔軟性の高い理学療法士を目指しています。


Q. 了德寺大学へ進学を考えている皆さんへメッセージを

A. 毎日が楽しいと感じます。それは、周りのおかげだと思います。同じ目標を持った友人がいるからこそ、勉強に取り組む励みになり互いに高め合えると思います。大学生活を送る上で友人の存在はとても大きいです。彼ら彼女らががいるからこそ頑張れたり、楽しく充実した毎日を過ごすことが出来ます。私は国家試験合格を目標にすると共に、日々の授業で学んだ事を臨床の現場に少しでも活かせるように、仲間と勉強に励んでいます。資格を取得することは最終目標ではなく、通過点だということを認識して学べることは、本学に入学したからだと思っています。
了徳寺大学(私立大学/千葉)