• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 了徳寺大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 西尾 悠介さん(健康科学部 整復医療・トレーナー学科/スポーツトレーナー)

私立大学/千葉

リョウトクジダイガク

選手たちには笑顔で接するように心がけています

先輩の仕事紹介

ケアの結果が選手の勝利という形に。世界を目指す選手たちを支えます!

スポーツトレーナー
健康科学部 整復医療・トレーナー学科/2013年3月卒
西尾 悠介さん

この仕事の魅力・やりがい

了徳寺学園の男子柔道部で、スポーツトレーナーとして働いています。選手が試合で最高のパフォーマンスを発揮できるようにテーピング、ストレッチ指導などのケアを行い、身体のコンディションを整えています。先日、ある選手が大会の一回戦で負傷して、二回戦三回戦に出られるかわからない状態になったことがありました。試合に出られるようにケアを行った結果、無事に試合に出て勝利し、次の大きな大会にも出られることになりました。試合後にその方から「今日の試合、ありがとうございました!」と連絡をいただいたのは本当に嬉しかったです。ケアの結果が選手の勝利として形になる。そうしたときに「この仕事に就いてよかった!」と思います。

分野選びの視点・アドバイス

この大学を選んだ理由は、「取れる資格が多いから」でした。柔道整復師の国家資格、アスレティックトレーナー、体育の先生(中学校・高校教諭一種免許状〈国〉【保健体育】)、健康運動指導士などさまざまな資格の取得を目指せます。私は最初からスポーツトレーナーになろうと決めていましたが、まだ気持ちが固まっていない人も勉強しながらやりたいことや将来の目標を見つけられると思います。勉強するうえでのポイントは「興味のあることを見つける」こと。私の場合、痛みの軽減や身体のコンディショニングについて興味があったので、楽しく学ぶことができました。自分の興味をどんどん深めて、自分だけの得意分野を作ってください!

一つひとつを丁寧に。そうした姿勢が大切です

これからかなえたい夢・目標

トレーナーは、人の身体に関するさまざまな専門知識と技術が必要な専門職です。だからといって、職人のように黙々と行う仕事ではありません。選手たちの状態や性格を見極めたうえで、一人ひとりに合わせたケアを行うために、選手たち一人ひとりとたくさんコミュニケーションを取ることが必要です。一つひとつを丁寧に行う姿勢こそが、この仕事では大切だと思います。所属している了徳寺学園の男子柔道部には、日本代表の強化選手がいます。世界大会においても、選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるように最適なケアを行っていきたいです。世界一の選手をサポートできるように、日々勉強しながらこれからも頑張っていきます!

現場で「活動日誌」を記録するようにしています

【やっていて楽しい】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

西尾 悠介さん

学校法人了徳寺学園 男子柔道部所属/健康科学部 整復医療・トレーナー学科/2013年3月卒/豊南高校卒。大学在学中の実習では、高校の陸上大会でトレーナーとして選手たちをケアしていた。その際に学んだ、選手たちへの声かけや実践的なケアの方法が、今の仕事の基本となっているという。世界一の選手をサポートするために、常にスキルを磨いている西尾さん。トレーナーとして働きながら専門学校に通っているとのこと。「実は今、了徳寺学園医療専門学校ではり師・きゅう師の資格取得を目指して勉強中です。自分の腕を磨き続けることができる。そうした意味でもやりがいのある仕事ですよ!」と明るく語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

了徳寺大学(私立大学/千葉)