• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 了徳寺大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 能田 星香さん(健康科学部 理学療法学科/理学療法士)

私立大学/千葉

リョウトクジダイガク

患者様には笑顔で語りかけるように

先輩の仕事紹介

大切なのは思いやり。お話をしっかり聞いて、患者様の「ニーズ」をとらえたい

理学療法士
健康科学部 理学療法学科 卒/2017年卒
能田 星香さん

この仕事の魅力・やりがい

総合病院なのでさまざまな患者様を担当しますが、人工関節の手術をされた方のリハビリが比較的多いです。関節のストレッチや筋力トレーニング、歩行や日常生活動作の練習などを行っています。患者様が困っていることを把握して、その解決策を考えるのですが、うまくいったときは本当に嬉しいです。「今この方に必要なことは何か」を察するためには、思いやりの気持ちが大切。たくさんお話をして深く知っていくことで、その方の日常生活にはどんな動作が必要なのかを想像することができます。普段は知り合うことのない、多種多様な方の人生のお話を聞けるのは楽しいですし、自分の価値観もどんどん深まり、豊かになっていくんです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校3年生のとき、腰痛で悩んでいる祖母がリハビリを受ける場面に付き添い、見学させていただいたのがきっかけでした。祖母はいろいろなお話をしながらとても楽しそうに運動していて、理学療法士さんのことを本当に信頼していることが伝わってきました。なんて素敵な仕事だろう、とリハビリを学べる学校をいくつか見学に行ったところ、了徳寺大学は先輩たちがとても熱心に、丁寧に案内してくださって、「いい学校だな」と思ったんです。海の見える立地も素敵で、「大学はこういう華やかな環境で学びたい」という気持ちもありました。単科大学なので広すぎず、コンパクトで過ごしやすそうなのもよかったです。

リハビリの合間に事務仕事もこなします

学校で学んだこと・学生時代

先生方はとても優しく、学生のことをよく考えてくださっていたのでありがたかったです。親身な先生が多いので、いつでも質問に行けるのも助かりました。実習では、実際に一人の患者様を担当してリハビリの計画を立てていきます。指導してくださった理学療法士の方は本当に知識が豊富で、患者様に寄り添う姿も素敵でした。その方も女性だったので「私もこういう風になりたい」と、その後の勉強のモチベーションも上がっていきました。解剖や運動などについての基礎的な知識は就職してから学び直すのはなかなか難しいので、学生時代に詰め込んでおいた方がいいと思います。ぜひ、授業を楽しんでください!

病院の同僚と相談中

【人の役に立つ】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

能田 星香さん

国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院勤務/健康科学部 理学療法学科 卒/2017年卒/東京都立小松川高校出身。今年で勤務2年目になる能田さん。仕事の中で心がけていることは、「しっかり患者様の話を聞くこと」。リハビリの先にある「生活」を見据えるためには相手を深く知り、思いやりを持って接することが何より大切だという。大学時代のデイサービスでのアルバイトも、一人ひとりの「生活」を想像するために役立っているのだそうだ。さらに価値観や話題を豊富にするために趣味の幅を広げ、ヒップホップダンスを習いはじめたとか。プライベートも充実させながら、思いやりを持った理学療法士として、日々リハビリにあたっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

了徳寺大学(私立大学/千葉)