• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • シェフパティシエ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 村川 輝夢さん(調理製菓技術科/パティシエ(洋菓子職人))

学生時代は部活動や学校行事、アルバイトなど色んなことに挑戦してください!

先輩の仕事紹介

「ありがとう」の言葉に心がほっこり。人を笑顔にできるお菓子づくりに夢中!

パティシエ(洋菓子職人)
調理製菓技術科 パティシエコース/2015年卒
村川 輝夢さん

この仕事の魅力・やりがい

洋菓子の製造販売、原材料の仕入れ、在庫管理を担当しています。パティシエとしてお菓子づくりを行うだけでなく、接客販売にも携わっているため、お客様の反応がダイレクトに伝わってきます。お買いあげいただいたときのお客様の笑顔や「ありがとう」という言葉は、何度いただいても本当に嬉しいもの。お菓子って本当に人を笑顔にできる食べ物なんだなと心がほっこりします。仕事をするうえで心がけていることは、正確かつ迅速に行うこと。食品、しかも生菓子を扱う仕事なので、手早い作業が必須なんです。そして、購買意欲が出るような、美しくおいしそうな商品づくりも大切にしています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

学生時代の職場体験やアルバイトなどで、菓子製造・販売の仕事に関わることが何度かあり、仕事として意識するようになりました。本気で目指そうと思ったのは、高校2年の頃からです。学校選びの際は、色々な学校のオープンキャンパスに足を運びました。シェパのオープンキャンパスはとても楽しくて、何度も参加。そのたびに新しい発見がありましたね。入学してからわかったのですが、どの入学者よりもダントツで参加回数が多かったほどです(笑)。でもだからこそ入学前からシェパの雰囲気やカリキュラムがわかり、納得のうえ入学を決めることができたので、入学後の学びがとてもスムーズでした。

学校で身につけた基本が現場で活きています

学校で学んだこと・学生時代

実習では、道具の扱い方など、基礎の基礎からしっかり指導を受けることができました。シェパの先生方は、とにかく指導がていねいでやさしかったですね。お菓子づくりが初めてでも、興味と学びへの意欲さえあれば、着実に必要な知識・技術が身につきます。実際、シェパで学んだ技術は、調理や製菓の現場で役に立つことばかり。基本をとことん学び、自分のものにしておくことの大切さを今も実感しています。また学生時代は別学科との交流も多く、違う分野の学生と情報交換も積極的に行いました。こうして視野を広げておくこともまた、社会に出てから活かされています。

季節感や流行を取り入れた商品が豊富

村川 輝夢さん

株式会社チューリップランド 勤務/調理製菓技術科 パティシエコース/2015年卒/シェパ卒業後は、新潟県内に数店舗を展開する株式会社チューリップランドに入職。「パティスリー・アンレミュー」、「パティスリーメールネージュ」のブランド名で、スイーツ・ギフトを販売する店舗で、製造・販売を担当。日々努力を怠らない仕事ぶりで、職場からの信頼も厚い。「パティシエ業界では、先輩たちからのアドバイスを受けると同時に、より多くのものを見て、たくさんの技術を自分に馴染ませ、自分のものにしていくことが大切」と語る。休日は多くの洋菓子店を見て回り、自身の技術・知識の向上に努めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

シェフパティシエ専門学校(専修学校/新潟)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路