• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京ダンス&アクターズ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 海外留学ワールド(2年制)
  • ニューヨークダンス留学コース

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウダンスアンドアクターズセンモンガッコウ

ニューヨークダンス留学コース

DA TOKYOで学び、ニューヨーク最高峰のダンス学校へ留学するためのコースです

目指せる仕事
  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ

    翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。翻訳者とも呼ばれます。翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。

  • タレント・モデル

    キャラクターやビジュアルを生かしてテレビや雑誌などで活躍

    自分自身のキャラクターやビジュアルを生かして、TV、ラジオ、雑誌、広告などのメディアや各種イベントなどに登場し、活躍する。モデルは雑誌や広告、ファッションショーなどで、商品である服を着て魅力的に見せたり、制作者の意図に沿ったポーズや表情を演じたりする仕事。スタイルの維持などの努力が欠かせない。タレントは、バラエティーやクイズ番組に出演している司会者、リポーター、コメディアンなど。卓越した話術や個性が欠かせない仕事だ。モデル兼タレントとして活動するケースも多い。

  • 役者・俳優

    人物像を創って他者を演じる

    映画やTVや舞台などで、監督や演出家の求める人物像を自分の中に創りあげて演技する。才能と個性、演技力、集中力などが要求される。入団試験を受けて劇団に入団するか、オーディションを受けて芸能プロダクションに所属する。

  • ダンサー

    ダンスを通じてみる人に夢や元気を与え、笑顔にする

    音楽やリズムに合わせて身体を動かし、演目のテーマや喜怒哀楽などの感情を表現します。一口にダンスと言ってもバレエ、コンテンポラリーダンス、ジャズダンスから、ヒップホップ・ブレイキング・ロック・ハウスなどのストリートダンス、社交ダンス、タンゴやフラメンコなどの民族舞踊などジャンルは多岐にわたります。ジャンルによって踊りや表現の仕方に特徴があり、バリエーションはとても多彩です。ダンサーになるために必須の資格はありません。ダンサーだけで生計を立てている人はそれほど多くはなく、厳しい世界ではありますが、実力次第で世界を舞台に活躍できる可能性のある仕事です。

  • ミュージカル俳優

    歌や踊りで役を演じる

    広い舞台の上で、音楽に合わせて歌い、踊る。確かな発声やリズム感はもちろん、歌い踊りながらステージをこなしていく体力も不可欠。また、出演するメンバーとのチームワークも欠かせない。

  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • イベントプランナー

    人の心を動かすイベントを企画し、成功へ導く

    イベントプランナーの役割は、新製品発表会や展示会、店舗のオープニングレセプション、音楽イベント、ファッションイベント、スポーツイベント、観光地のPRイベント、オリンピックや万博、国際会議など、さまざまなジャンルのイベントを企画することです。企画したイベントを実行に移すためには、主催者となるクライアントに“実行するに値する、魅力あるイベント”だと認めてもらわなくてはなりません。イベントを生み出すクリエイティブ力のみならず、提案力・プレゼンテーション力・対人コミュニケーション力が重要になる仕事です。なるのに特別な資格や免許は必要ありませんが、イベント・プロモーション部門のある会社に所属し、活躍している人が多いです。採用試験では4年制大学卒の学歴を求められることが少なくありませんが、短大卒や専門学校卒まで間口を広げている会社もあります。最近ではイベントとSNSを連動させることでさらなる広告波及効果をねらう動きが高まっており、イベントプランナーにもそのアイデアが求められています。

初年度納入金:2018年度納入金 109万円  (教材費等別途必要)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

国内だけではなく、世界の様々な現場で対応できるダンススキルを習得
留学前に、バレエ・JAZZ・HIP HOPを中心に様々なダンスのジャンルの基礎力・経験・そして世界基準のダンサーとしての姿勢をDA TOKYOで徹底的に学びます。企業プロジェクトを通じて数々のプロの現場にも出演。基礎から高度なテクニックまで学び、国内だけではなく、世界の様々な現場で対応できるダンススキルを習得します。
NYより一流のダンサーが定期的にDA TOKYOに来日!「ダンスインターナショナルプログラム」
バレエやコンテンポラリーを中心に、JAZZ、HIP HOPなどあらゆるジャンルを、本場アメリカ・ニューヨークから講師を招き、定期的にレッスンを行います。技術だけではなく、ダンサーとしての立ち居振る舞い、プロポーション、柔軟力、筋力、表現力などを学べるプログラムです。

制度

安心して海外で学べる!留学に向けての完全サポートシステム
【英会話】留学コース向けの英会話授業を開講。英語でコミュニケーションが取れるように指導します。【留学手続き】DA TOKYOの国際部の先生が一人ひとりの留学手続きを徹底サポート。初めての留学でも安心です。【滞在先紹介】留学で一番心配なのが滞在先。学内で数回の説明会の後、現地滞在先を紹介します。
在学中からプロダンサーの仕事に挑戦!「企業プロジェクト」
日本の音楽シーンを盛り上げるアーティストが多数出演する人気フェスや、人気アーティストのバックダンサー、ミュージックビデオへの出演、ミュージックステーションやNHK紅白歌合戦などのステージを通じて、必要な技術や知識はもちろん、リハーサルや本番までの過程をすべて経験し、現場力を身につけるプロジェクトです。

留学

留学先は2つ。ペリダンスセンター、もしくはブロードウェイ・ダンス・センター
【ペリダンスセンター】ニューヨーク屈指のダンススクール。クラシックバレエやモダンダンス指導に定評。留学期間は6ヶ月間か1年間。【ブロードウェイ・ダンス・センター(BDC)】DA TOKYOと姉妹校提携。各自に合わせたパーソナルレッスンが受けられます。卒業後も希望に応じてBDCで学ぶこともできます。期間は12週間。

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数87名 )

※ 2017年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-6
フリーダイヤル0120-532-307(携帯・PHSから可)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区渋谷1-24-6 「渋谷」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内